JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1376
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

退職願の受け取りと、営業ノルマの補てんについて

質問者の質問

退職願の受け取りと、営業ノルマの補てんについて

私の友人で10年エステ(普通の)で働いているのですが、会社の売上ノルマを自己補てんしていて借金がかさみ退職を申し出たところ、恫喝され、退職願を受け取ってもらえなかったとのことです。内容証明で退職願を送付し、退職日を二週間後に設定しました。ちなみに専務取締役という肩書ですが、エステを一人でお店でやっています。社長は施術しません。有給休暇もないとのことです。昨日私のところに相談があり、労働基準監督署に連絡を入れるよういいました。

退職願は会社に送ったため、私の友人が社長が来た時に渡さないといけないことをびくびくしています。また、退職金や補てんしたノルマ分を取り戻せるか、有給休暇などについても質問したいです。早急にお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>退職願は会社に送ったため、私の友人が社長が来た時に渡さないといけないことをびくびくしています。
→これは送付した時点で2w経てば自動的に退職が成立します(職業選択の自由、営業の自由 憲法第22条1項)。相手の承諾は不要です。
>また、退職金や補てんしたノルマ分を取り戻せるか、
→これは退職金請求事件、立替金返還請求事件として、あっせん、労働審判、通常訴訟で追求が可能です。
>有給休暇などについても質問したいです
→これは辞職した時点で請求権が消滅します。このような場合会社が買い取りすることがあり、これも違法ではないのですが、本件では会社が任意に応ずる可能性は低いと思います。なお有給請求は裁判上主張できません。

★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

雇用・労働 についての関連する質問