JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

労災認定をうけたあとの会社への慰謝料等を含む損害賠償請求について教えていただきたいです。

解決済みの質問:

労災認定をうけたあとの会社への慰謝料等を含む損害賠償請求について教えていただきたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
労災の給付と民亊賠償とが、同一の事由に基づくものである場合は、支給調整がかかってくることがありますので注意してください。
労災保険の給付が先行して行われた場合は、その価額の限度で、民亊侵害賠償額から控除されます(最判昭52・10・25)。
なお、慰謝料は、この労災保険給付の支給調整の事由となる民亊損害賠償の損害項目に含まれません。
示談金、和解金は、労災保険給付が将来にわたり支給されるものであることを前提としてこれに上積みして支払われる場合は、労災保険給付の支給調整は行われません。
よって、慰謝料・示談金名目であれば、とくに問題はないでしょう。ただし示談書には、「本事件に関しては、労災から先行給付がなされたこと、解決金は慰謝料名目ないし労災保険給付の上積みとしてなされるものであり、労災保険法附則第64条の適用を受けないこと」を条項として盛り込むのがよいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
残念ながら労働基準監督署から不支給のの通知をもらいました。不支給理由を添付ファイルで送るのでこの場合損害賠償請求ができるかどうか教えてください。この間、労働局に不服申し立てをしてまいりました。
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>不支給理由を添付ファイルで送るのでこの場合損害賠償請求ができるかどうか教えてください。
→これは損害賠償ではなく、審査請求、再審査請求(東京)の世界です。しかし、労災不支給を覆すのは、ー国相手のことゆえー相当難しいと思います。民間も、労災が支給されてないのに、なんでウチが払わなければならん?という態度に出てきます。専門家に依頼したほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい、専門家に依頼するつもりです。しかし、平成22年11月10頃に発病し、・・・強い心理的負荷が認められるとなっています。この場合、この時点では労災と判断されるのではないかというところが、気になっているのです。この時点で労災ならば、アフターケアがあるはずなのに受けられないことを疑問に思っているのです。
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>この時点では労災と判断されるのではないかというところが、気になっているのです。この時点で労災ならば、アフターケアがあるはずなのに受けられないことを疑問に思っているのです。
→労災といっても給付は療養補償給付、休業補償給付、障害補償給付などいろいろですが、いずれも申請しても認められなかったということですね。
あと保険給付を受ける権利が、2年(療養、休業)又は5年(遺族、障害)の時効にかかることです。その点はどうなのですか?
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい、すべて却下されました。時効になっているのものありますが、アフターケアの分は時効になっていないものが大半です。しかも、一旦寛解の判断がされていない可能性が高いです。医師は職場復帰に医師が反対していました。

雇用・労働 についての関連する質問