JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんにちは。22歳の大学4年生(現在)の娘が昨年12月からモデル事務所と専属契約を交わしました(5年間)。ただモデル

解決済みの質問:

こんにちは。22歳の大学4年生(現在)の娘が昨年12月からモデル事務所と専属契約を交わしました(5年間)。ただモデルの仕事は向かないということで就活しはじめました。契約上はかなり不利な契約書になっており(正当な理由がなければ仕事は断れない。モデルとして価値がなければ一方的契約を終了できる。契約中にやめたいときは、1年間分の逸失利益をしはらう、、、などなど)。学業は継続できるように配慮はする、とはいわれたようです。どうしたらよろしいでしょうか。アドバイスをお願いしたく。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>モデルとして価値がなければ一方的契約を終了できる。
→当事者の一方に不当に不利な解除事由を定めたものとして無効(民90条 公序良俗違反又は例文解釈)と解せられます。
>契約中にやめたいときは、1年間分の逸失利益をしはらう
→これは損害賠償額の予定(違約金の禁止)(労基16条違反)ですから、違法性のきわめて高いものです。契約書にハンコをつく必要はありません。あなたがそのまま監督署へ駆け込めば、相手方は懲役・罰金です(6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金 労基第119条1号)。
★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございます。1点誤解があるようなのですが、メールに記している通り「すでに契約をしております」。雇用契約ではなく、マネージメント契約になっていますが、その場合でも「労基」が適用されると考えていいのでしょうか。。。。
質問者: 返答済み 2 年 前.
勤務の実態からすると、請負契約に限りなく近いと思われます。
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>正当な理由がなければ仕事は断れない。
→あなたが言うように請負契約(民632条)と仮定しましょう。そうであれば、請負契約は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生じます(民632条)。
請負人には、仕事 完成義務、完成物の引渡し義務、瑕疵担保責任があります。しかし、依頼を断る自由は典型契約の一つとしてあります(契約自由の原則、意思自治の原則)。
労働基準法研究会報告(昭60.12.19)によれば、 自営業者と労働者(労基法第9条)との区別につき、1.使用従属性  Ⅰ 指揮監督下の労働かどうか(イ仕事の依頼、業務従事の指示等に対する諾否の自由の有無、ロ業務遂行上の指揮監督の有無、等を考慮すべきとされます。
イが否定的に解される本件は、請負と解される要素はほとんどありません。
よって労基法上の「労働者」として同法の保護下にあるということです。
>またモデルとして価値がなければ一方的契約を終了できる。契約中にやめたいときは、1年間分の逸失利益をしはらう
→これについては、労基法上の労働者としての保護があるのであるから、当然労基法16条の損害賠償額の予定の禁止(労基16条)に触れることはいうまでもありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.
明快なご説明ありがとうございます。先生のお話のポイントは
①「マネージメント契約」というような名前になっていても、実態として「労働契約」に条文がなっている内容では、労基法が適用(労働基準法研究会報告)
② 「仕事を請けないこともできる(典型契約)」、あるいは、「契約を解除する」場合に申し立てられる「逸失利益」「損害賠償」といったものも「損害賠償額の予定の禁止」に触れる(労基16条)ので請求されることはない。
ということですね。上記を踏まえ、具体的なアクションとしての質問です。
娘が「就職をするので契約を解除したい」と申し入れた後(書面で簡潔にポイントを記載します。他の同業の事務所にいくようなものではない。タレント業をしたいと思わなくなったことが理由)、事務所側から「損害賠償額、逸失利益」の請求をほのめかせたり、請求書を送ってきた場合、具体的にどうしたらよろしいでしょうか。その場合は、娘から、条文にある事項については、「パパから弁護士事務所に相談してみたら、”違法性が高いものでそんなことしたら逆に事務所が大変になるはずだよ。事務所の方もプロだからはわかるはずだからそういうことは言わないよ」、って聞いたのですが。。。パパに入ってもらいますが。難しいところはわからないので。。。。みたいな感じでとぼけて「暗に」抑制してもらった方がよいのでしょうか。
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
>他の同業の事務所にいくようなものではない。タレント業をしたいと思わなくなったことが理由)、事務所側から「損害賠償額、逸失利益」の請求をほのめかせたり、請求書を送ってきた場合、具体的にどうしたらよろしいでしょうか。
→「当方の都合により今回の契約は解除させていただきます。」でよいかと思います。
請求書については、「本契約は形式的には請負又は業務委託の形をとってはいるが、使用従属性、業務従事の諾否に関する自由、指揮監督の有無等を考慮すれば、実質的には労基法上の「労働者」と同視すべきであり、そうだとすれば、貴社から私に対する損害賠償請求、逸失利益の賠償請求は、 損害賠償額の予定の禁止(労基16条)に触れ、違法性を帯びると考えています。」というような文章でよいでしょう。
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事遅れて申し訳ありません。アドバイスありがとうございました。
よく理解いたしました。ありがとうございます。

雇用・労働 についての関連する質問