JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

人事部に異動して、3年目になりますが、2年目に降格となりました。その際は、5分程度の説明のみでした。今回降格後初めての賞

解決済みの質問:

人事部に異動して、3年目になりますが、2年目に降格となりました。その際は、5分程度の説明のみでした。今回降格後初めての賞与支給となり、額面で評価を知ることとなりましたが、標準以下でした。評価は納得できるものではありませんが、それは別にして降格時と同様に、結果に至る理由の説明が一切ありません。給料の減額は死活問題であり、現状を改善するためにも何が不足していたのかを知りたいのですが、何の説明もありません。ルールを作っている立場の人事部でこのようなことが起こっていることにも不快感を感じます。こうした恣意的としか思えない行為をただすにはどのように働きかけるのが有効でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に有難うございます。只今文面内容拝見させて頂きました。おっしゃる通り説明が無い不利益な措置に納得がいかれないのは当然といえます。降格にしましても、賞与減額にしましても必ず就業規則上の根拠があるはずです。恐らくは評価によるものと思われますが、そうであれば当人に対し評価結果及びその理由をきちんと説明すべき義務があるものといえます。そうでなければ、降格や減額は恣意的にいつでも出来ることになり労働条件の保護が出来なくなってしまうからです。 対応としましては、やはり人事部上司に降格及び賞与減額の根拠を説明するよう依頼すべきです。根拠なき降格や減額は労働契約への違反であり労働契約法で禁止されている労働条件の不利益変更に該当するので承知出来ない、まして労働コンプライアンスを最も遵守しなければならない人事部なので一個人の給与問題のみならず会社業務の誠実な遂行という観点からも重要な事であると主張しましょう。 さすがにそこまで言われますと説明はされるはずですが、それでもきちんとした説明が無いようであれば、労働基準監督署へ相談に行かれてあっせんによる解決を目指されるのがよいでしょう。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問