JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

パワハラに困っています。 今年3月から来た上司が俗に言うクラッシャー上司です。 当方介護福祉施設に勤めています。

解決済みの質問:

パワハラに困っています。
今年3月から来た上司が俗に言うクラッシャー上司です。
当方介護福祉施設に勤めています。
クラッシャー上司の言い分はある程度の筋は通ってはいるものの
恫喝、罵声が混じりなおかつ、自分の言い分を通そうとするタイプです。
介護福祉施設ということで利用者並びに他の職員に迷惑がかかり
私もそのせいもあってか心労で体調を崩しがちです。
自衛のためにまず最初に行うべきことは何でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
パワハラに関しては、厚生労働省からその定義が発表されています。
【パワハラとは】
同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
ただし、上記事項に該当するかどうかだけでパワハラとして違法性を主張していくことはできません。
パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられてるからです。
>自衛のためにまず最初に行うべきことは何でしょうか?
まずは上司の言動をパワハラとして主張できるために、いつ、どこで、誰に、どのようにパワハラと思われる言動を受けたのか、メモを取っておくことです。
上司の発言をICレコーダーで録音しておくとパワハラを主張していくうえで非常に有効なものとなります。
そして、このようなメモ等による発言の記録で、いざという時に第三者に対して上司の言動をパワハラとして主張することができ、本人に謝罪を求めたり、損害賠償請求することも可能となります。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問