JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

住宅リホームの下請け業者ですが、発注先から工事代金を支払ってもらえず、困惑しております。 このような事例の場合、弁

解決済みの質問:

住宅リホームの下請け業者ですが、発注先から工事代金を支払ってもらえず、困惑しております。
このような事例の場合、弁護士に依頼する方法以外に、労働基準監督署に相談して、相手の会社に、何等かの働きかけを行って頂くような事は、出来ないでしょうか?
請求金額の二分の一以下でないと、示談には応じないとか、某会社には、支払金額を0にして解決しました等の話を、当会社の部下から聞かされております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
労働基準法のことではないので工事代金の件については労働基準監督署は動いてくれないです。
弁護士に訴訟を依頼する以外には内容証明郵便を作成して相手方に送る方法があります。
作成は弁護士に依頼する他、司法書士にもお願いすることができます。
司法書士は平均的には弁護士より安いです。
仮に弁護士に内容証明をお願いする場合でも訴訟よりは安くなります。
あるいは訴訟ではなく交渉で解決を図ってくれる弁護士もいるのでお願いするかです。
やはり訴訟を依頼するよりかは安くなります。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問の仕方が不十分でした。相談者は。個人事業主の大工で、請求金額は、

人工代なので、住宅リフォーム業者である発注業者に対して、賃金の未払いとして、労働基準監督署に相談できないだろうか?と考えておりました。売掛債権としての取立ての場合は、司法書士又は、弁護士の先生に依頼すべき事は、

理解しております。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

大工を雇用して労働者であると労働基準監督署が判断すれば賃金未払いとして労働基準監督署に相談することは可能です。

雇用・労働 についての関連する質問