JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

雇い止めについて、以前に質問させていただいた件のその後に かかわる質問です。 民法96条に基づき、

質問者の質問

雇い止めについて、以前に質問させていただいた件のその後に
かかわる質問です。
民法96条に基づき、
会社側と
1)弁護士を通じて交渉
2)訴訟に発展
契約期間をその間に過ぎてしまう場合
社会保険、厚生年金、給与天引きになってい生命保険などは
どうしたらよいのでしょうか?
健康保険証は返却しないとならないのでしょうか?
以前、何かの本で、自前で2年間は国民健康保険に切り替えずに
社会保険を延長できるというようなことを読んだことがあるのですが、、、
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。
再度のご投稿、ありがとうございます。
回答いたします。

>契約期間をその間に過ぎてしまう場合
社会保険、厚生年金、給与天引きになってい生命保険など
どうしたらよいのでしょうか?
>健康保険証は返却しないとならないのでしょうか?

→ 生命保険は給与天引きの文面からすると健康保険のことでしょうか。雇い止めの効力を争っている間に契約期間が過ぎてしまう場合の健康保険と厚生年金については、加入の継続を求めますが、健康保険と厚生年金の資格喪失届は会社が行うものですので、会社が資格喪失届の手続きを行えば、健康保険の被保険者証を返却しなかったとしても資格喪失届は受理されてしまいます。

会社が資格喪失届の手続きを行わなかった場合は加入が継続します。ただ、会社側の主張は契約終了なので、手続きは行うのでしょう。健康保険の被保険証は自発的に返却はしないほうが良いでしょう。なぜなら、自発的に返却すると、会社側が契約終了を認めたと主張してくることがあるからです(その場合でも認めたことにはならないのですが)

会社側が返却を求めてきた場合は、拒否するか、雇い止めの効力を争う旨の手紙を書いた上で返却するかです。現在の健康保険の被保険者証は契約期間が過ぎると使わないほうが良いです。

>以前、何かの本で、自前で2年間は国民健康保険に切り替えずに
社会保険を延長できるというようなことを読んだことがあるのですが、、

→ 健康保険の任意継続のことだと思います。お住まいの住所地を管轄する保険者に任意継続の手続きを行います。資格喪失後20日以内に手続きを行う必要があるのでご注意ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうごさいます。
精読後、ご返答します。
ちなみに、給与天引きは、
グループ会社の生命、健康保険
商品です。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

回答に関して分かりにくい点等がありましたらお返事ください。

グループ会社の保険商品の場合、保険会社によっても、また同じ保険会社でも商品によって内容が異なりますので、保険会社への確認と約款の内容の確認が必要です。商品によっては退職となっても継続できるものもあります。継続とならない商品であれば、事情を保険会社に伝え継続を求めることになるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
火曜日に話し合います。
その結果でてから、ご返答します。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

かしこまりました。ただ、火曜日の話し合い後のご返答には回答いたしますが、ジャストアンサーは経過ごとにご質問できるシステムではございませんので了承ください。ご質問→回答→回答にご納得頂ければ評価→その後の経過でご質問が発生すれば新規で再度ご投稿を頂くシステムとなっております。よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
結局、並行線で話がつきません。
少し考えさせて下さい。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

話し合いで解決しなかったときは、
①話し合いを継続する
②訴訟
③労働審判
④労働局のあっせん
⑤ユニオンに加入
が考えられます。

参考になれば幸いです。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

仮に訴訟をしたとして、雇止めが認められなかった場合、健康保険と厚生年金については資格喪失届が出されていても、さかのぼって加入とすることができます。

現時点で分かりにくい点などはありますでしょうか。もし、なければ下記対応をよろしくお願い致します。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。
早く清算したいとお気持ちは、分かるのですが、
今こちらも対処方法について検討していると
ころです。
少々お待ち下さい。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

次のご投稿については回答いたします。

雇用・労働 についての関連する質問