JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1115
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

いきなりこの画面が現れました。有料になりますか?

質問者の質問

いきなりこの画面が現れました。有料になりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

有料相談となります。既に料金支払いの手続きをされているようなので、回答を望まない場合は運営に返金手続きをしてください(専門家は回答のみしかできません)
回答を希望される場合は、このまま回答を希望される旨をご投稿ください。よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答をお願い致します。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

かしこまりました。

結論から申し上げますと賃金未払いになります。

業務を行うのが会社ではなく、自宅など外部であっても業務を会社の指示で行えば当然、労働時間になります。労働時間になる以上、賃金を支払う義務が会社にあります。仮に支払わなければ賃金未払いであり労働基準法違反となります。

もし、自宅での業務が完全に労働者の自由意思で行うものであれば労働時間にならないので賃金の支払いは不要です。ただ、会社の指示がなかったとしても、実質的に業務を行わなければいけない状況であれば賃金の支払いは必要になってきます。例えば、業務に締切の時間をもうけて、会社での業務だけでは処理することが到底できない業務量である場合は、実質的に自宅での業務を行わなければいけないことになるので賃金の支払いが必要です。あるいは、業務の指示がなくても、自宅で業務を行わなければ評価を下げるとか賃金を支払うとか、降格させるなどの発言があると実質的に従わなければいけなくなるので賃金の支払いが必要となります。

貴方の場合ですと、「それに応対しなかった事に対し、業務不適格として配置転換を仄めかす」「休日に関らず強要」「22時頃に電話が掛かってきました。」「休日でも事故があれば対応しなければな ←途中でご相談内容が切れていますが想像はできます」のことからすると、明らかに労働時間となり賃金の支払いが必要です。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
先の回答の一部に入力ミスがありましたので、修正して投稿させていただきます。(回答が2つだから料金が倍になるとかそういうことはございませんのでご安心ください)

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

かしこまりました。

結論から申し上げますと賃金未払いになります。

業務を行うのが会社ではなく、自宅など外部であっても業務を会社の指示で行えば当然、労働時間になります。労働時間になる以上、賃金を支払う義務が会社にあります。仮に支払わなければ賃金未払いであり労働基準法違反となります。

も し、自宅での業務が完全に労働者の自由意思で行うものであれば労働時間にならないので賃金の支払いは不要です。ただ、会社の指示がなかったとしても、実質 的に業務を行わなければいけない状況であれば賃金の支払いは必要になってきます。例えば、業務に締切の時間をもうけて、会社での業務だけでは処理すること が到底できない業務量である場合は、実質的に自宅での業務を行わなければいけないことになるので賃金の支払いが必要です。あるいは、業務の指示がなくて も、自宅で業務を行わなければ評価を下げるとか賃金を減額するとか、降格させるなどの発言があると実質的に従わなければいけなくなるので賃金の支払いが必要 となります。

貴方の場合ですと、「それに応対しなかった事に対し、業務不適格として配置転 換を仄めかす」「休日に関らず強要」「22時頃に電話が掛かってきました。」「休日でも事故があれば対応しなければな ←途中でご相談内容が切れています が想像はできます」のことからすると、明らかに労働時間となり賃金の支払いが必要です。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

回答をご覧いただきましてありがとうございます。

何か回答で分かりにくい点等はなかったでしょうか。もしあれば回答させて頂きますので引き続きご投稿ください。もしなければ下記対応をよろしくお願いいたします。(評価することでさらに追加の料金がかかるわけではありません)

質問者: 返答済み 2 年 前.

私の質問が切れてしまっていた為、肝心な事(質問②)が解決できておりませんでした。賃金未払いについてはある程度想定していましたが、今回の事案を背景に今後職種変更の発令がなされ、それが元(体力的能力的に無理が有る)で降格又は退職を決意せざるを得ない状況が考えられます。こういった場合、労働者が泣き寝入りになる事が多く思いますが、それを阻止する為に有効な手段が無いかご教授願いたくお願い致します。※本日も違う指示がワウトークにより出され、着信音が鳴り続けています。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

賃金未払い分を会社に請求した場合で、それを理由に降格や解雇することは認められません。人事権の濫用となります。

人事権の濫用になるかどうかは次などで総合的に判断されます。
・業務上の必要性があるかどうか
・不当な動機、目的によるものでないかどうか
・配転に伴って労働者に大きな不利益が発生するかどうか
・昇進・降格の運用状況
など

賃金未払い分を会社に請求したことで、降格や解雇をすることは、上記の「不当な動機、目的」になるので、人事権の濫用となります。

退職の勧奨については応じる義務がないので、拒否すれば良いです。また解雇してきても不当解雇になり、解雇無効を争うことが可能です。

問題なのは、賃金未払い分を請求したことを理由とせずに人事上の措置として降格する場合ですが、対処法としては、「それに応対しなかった事に対し、業務不適格として配置転換を仄めかす」などの会話をICレコーダ等で録音する方法があります。そうすれば、不当な動機、目的で降格等の不利益な取扱をしたのかが分かり、降格無効で争う場合に役立ちます。付け加えまして、一連の状況の詳細なメモを残しておくと良いでしょう。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

労働契約にない休日の自宅での業務指示に対して応対しなければ配置転換等をするというのは当然、正当性がありません。

雇用・労働 についての関連する質問