JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1122
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

会社から減給されるので退社するつもりですが特定受給者になれるようにしたいんですが 基本給38みなし残業10から基本給30みなし残業10という証明書を作成するように会社に請求するこ

解決済みの質問:

会社から減給されるので退社するつもりですが特定受給者になれるようにしたいんですが
基本給38みなし残業10から基本給30みなし残業10という証明書を作成するように会社に請求することは可能ですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

給与明細とは別に会社に対して証明書の作成を求めるということでしょうか。請求は可能です。ただ、会社は応じる義務はありません。労働基準法に基づく「退職時の証明」を求めることはできます。賃金、退職の事由、使用期間、業務の種類、その事業における地位の証明を求めることができます。

給与明細には基本給と残業部分が分かるように記載していないのでしょうか。仮に分かるように記載していなければ残業代を支払っていないことになるので過去2年分さかのぼって残業代の支払いを求めることができます。したがって、会社は基本給と残業部分が分かるように記載する必要があります。給与明細とは別の証明書を請求して仮に拒否するようであれば給与明細に基本給と残業部分が分かるように記載を求めると良いでしょう。仮に分けて記載することを拒否するようであれば残業代の請求です。

また、離職証明書を交付する義務が会社にあります。その離職証明書の離職理由をきちんと記載するように求めることができます。
離職証明書の離職理由の「4労働者の判断によるもの(1)職場における事情による離職①労働条件に係る重大な問題(賃金低下、・・略)があったと労働者が判断したため」の欄があるので、チェックをつけてもらいましょう。そして、「具体的事情記載欄(事業主用)」の欄に具体的な賃金低下の内訳を書いてもらうと良いです。

仮に離職証明書に事実と違うような記載となっていれば、事業主が○をつけた離職理由に異議あり・なしに○をつける欄がありますので、異議ありに○をつけてください。そして、ハローワークにも異議があることを申立て正しい離職理由を伝えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。突っ込んでお聞きしたいのですが退職時の証明の内容は会社の一方的な解答にしかなりませんか?

仮に異議ありにハローワークで言ったところでそれ以降進展することは考えにくいと思っています。ですので穏便にことを進めたいので何とかこちらの要望を通す方法はありませんか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。突っ込んでお聞きしたいのですが退職時の証明の内容は会社の一方的な解答にしかなりませんか?

仮に異議ありにハローワークで言ったところでそれ以降進展することは考えにくいと思っています。ですので穏便にことを進めたいので何とかこちらの要望を通す方法はありませんか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

>突っ込んでお聞きしたいのですが退職時の証明の内容は会社の一方的な解答にしかなりませんか?

→ 会社は虚偽の内容を記載することができません。また、労働者が要求しない事項について記載することもできません。

>仮に異議ありにハローワークで言ったところでそれ以降進展することは考えにくいと思っています。

→ 給与明細に内訳を記載してもらえる可能性はかなりあると思います。会社にとって一番嫌なのは残業代の請求です。特定受給資格者が一人出ても会社が支払うお金はないので書いてもらえる可能性はあるでしょう。離職証明書も同様の考え方で書いてもらえる可能性はあるでしょう。

>ですので穏便にことを進めたいので何とかこちらの要望を通す方法はありませんか?

→ 話し合いで十分に解決可能な案件だと思います。仮に会社がすべて拒否を続けるのであれば行政の活用や訴訟をせざるを得ないです。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問