JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

2010年に3年前に辞めた会社の上司からHPの製作を頼まれて当時3万円で制作しました。 その時に契約等は交わさ

解決済みの質問:

2010年に3年前に辞めた会社の上司からHPの製作を頼まれて当時3万円で制作しました。
その時に契約等は交わさず、その後も何かあるごとに、電話でPCに関するトラブルの対応、HPの更新などを行ってきました。
会社に行って対応するときはタイムカードを押し、月末に給料としていただき、領収書を渡してきました
しかし作業のほとんどは自宅からの遠隔操作で、その分も日報に詳細を記録し、年度末にまとめて決算するというやり方でした。
特別に何かの契約を交わしている訳ではないので、請求もしていいのか悪いのかわからず、初めはボランティアの様な雰囲気で厳密な時間の請求はしてこなかったのですが、会社側の丸投げな態度にしっかり請求をさせていただくべきと考え、依頼をしてきた上司に、自宅作業時間の日報をすべて出して請求して良いか、と確認をし、許可を頂いたうえで、2014年度の日報と総括を提出し、部長・専務・社長から承認印を頂いたのですが、その時、誰一人として内容を確認しないので、
「しっかり内容を確認してください」と再三お願いしたものの、「みてもわからないから」とのその時の返答でした。
どうであれ、承認印を頂いたので、経理に提出しその日は帰宅したのですが
2日経って、会社に呼ばれ行ってみると、2014年度の分は支払えないと言われました。
理由として、HPに不備があるから。という事でした。
「大工だって家が建って金払うだろ」
という言い分です。
それまでも作成しているHPについても、ここまでやりました。と確認をお願いしても、殆んど確認せず、常に「あーあーわかった。みてもわかんないし」との返事で、また、「部外者の私がいつまでもやっているのもおかしいので更新についてはどなたか担当者をつけて引き継いでください」とお願いしても動く気配がなく、ただだらだらと、半年に一度の更新を釈然としない思いで引き受けていました。
確かに一番最近の更新の中で、うまくいかないところがあり、不具合が出ていたことも事実です。
ただ、それを修正している所で、4月末で決算だという事で、今までの分の稼働報告をしたのです。
勿論、依頼してきた元上司にもその旨説明はしてありました。
そこをみて、何をやっているかわからないからと全額払えないと言われてしまったのです。
HP制作といっても会社から送られてくる十数枚のデータは手書きでしかもFAXです。
それをいちいちエクセルで表におこし、その後WEB形式に置換し、リンクを設定し等々の作業でした。パソコンの原稿を会社で作ってデータとしていただけませんか?とも何度もお願いしましたが、
理解してもらえず、毎回とても苦労して更新していました。
こういった経緯から支払って頂けないと言われ、到底納得できず、交渉した結果、
「あーあーもうがたがたいうな、払えばいいんだろ。もう出入り禁止だ!!」と
社長に言われました。
何故か私に非がある結果となり、釈然としません。
請求は204.5時間(一年間)時給は960円です。一か月で考えるとわずか2万円いかない計算です。
そして、話の内容が二転三転しますので、現時点でまだ支払われていません。
当初こんなことになるとは思っていなかったので、口頭でのやり取りのみで、契約書など交わしていないので、労働者と会社という扱いにもならないと、労働基準局の相談窓口で言われました。
会社のデータや依頼の履歴、稼働時間の詳細の承認印等揃っていても、支払われなかった場合、
泣き寝入りするしかないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.

この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。

文面内容拝見させて頂きました。

まず労働者としての労働契約(雇用契約)に関しましては文書が必要といった決まりはございません。口頭でも労働契約は成立しますし、また労働実態さえあれば契約書を作成しないのは貴方ではなく会社側の責任となります。従いまして、労働基準監督署の相談員の発言は間違いといえます。正規の監督官であれば少なくとも文書が無ければダメ等といったいい加減な事は言わないはずですので、経験の浅い臨時の相談員(社労士等)だったものと思われます。

そして、ポイントとなる労働実態に関してですが、貴方の場合、「会社に行って対応するときはタイムカードを押し、月末に給料としていただき、領収書を渡してきました」という事ですね。そうしますと、

・労働時間として管理を受けている(※労働でない請負や委託であればタイムカードを押させることはありません)

・一定の期日に給与として報酬を受け取っている(※これも請負や委託であれば給与等といった表現は使いません)

という事実からも、労働実態が存在し会社も貴方を労働者として認識していたものと推察されます。

対応としましては、県の弁護士会に問い合わせて頂き、労働問題(特に賃金不払い)に経験がある弁護士を紹介してもらい賃金不払いの件で請求訴訟を検討される事をお勧めいたします。

特に貴方の場合ですと、「会社のデータや依頼の履歴、稼働時間の詳細の承認印等」といった証拠がございますので、そうした証拠の存在も含めまして弁護士にご相談されるとよいでしょう。弁護士がある程度内容を確認された上で勝訴の見込みが高いという意見でしたら正式受任して頂き訴訟に持ち込めば貴方が仕事をされた分の給与は殆ど回収出来る可能性が高いでしょう。

少なくともこのまま何もせず泣き寝入りする案件ではないといえますので、賃金不払い案件として争う方向で検討されてみるべきといえます。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

本日会社より、請求分の振込を明日するという連絡が来ました。

先生からのご返答を頂き、私自身に非がないという(泣き寝入りの案件ではない)という確信と当然の権利の主張であったと安堵し、心が救われました。

正確に言えば2010年から今までの稼働時間に対し、満足できる対価が支払われる訳ではないのですが、元来そこまでの請求をするつもりもなく、あくまでパソコンスキルの乏しい会社に対し、それまでお世話になった御恩をお返しするつもりで引き受けた事ですので、私自身が請求した2014年度分だけでいいと納得しています。

実際に勤務していた時期の同僚達との思い出はプライスレスですから。

この度は迅速且つご丁寧なご回答ありがとうございました。

心が晴れました。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.

こちらこそご丁寧に返信下さいまして感謝しております。

そうですか、会社も支払いは必要という認識に至ったのでしょうね‥

今後新たなステージでの貴方のご活躍を心より願っております。

(※既にご評価頂きましたので、画面の表示内容にかかわらずこの回答への返信及び評価は不要です。この度のご相談とご評価に御礼申し上げます。)

雇用・労働 についての関連する質問