JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

リラクゼーションサロンの契約で研修期間は無給、研修途中で辞めた場合は1日当たり1万円を支払う。 研修期間が24

質問者の質問

リラクゼーションサロンの契約で研修期間は無給、研修途中で辞めた場合は1日当たり1万円を支払う。
研修期間が24日間で、1年未満で辞めた場合は24万円の支払い。
研修終了時に、その会社が定める卒業検定がありそれに合格しなければ、1日研修が延びることにより1万円請求される。(契約時には聞いていません)
今回研修を受けたのですが、卒検を何度も落とされてしまい研修費がかさむのがこわくてやめることにしました。
上記には、研修と書いていますが、契約時の書類を見ると「就職コース、受講料優遇制度」と記載してありました。契約書類の内容です。
就職コース、受講料優遇制度を利用するにあたり以下、第1条から4条をご確認下さい。
受講後、12ヶ月間働いて頂ければ、受講料の実質は無料になる制度です。
第1条
就職コース受講、終了後店舗での就業を前提にその制度を利用する。
第2条
受講終了後、店舗での業務を追行し、就業開始から12ヶ月に渡り、受講料(就職コース受講料240000円)を毎月20000円支払いを行います。万が一、12ヶ月未満で退職する場合には、受講料残額を一括支払うこととする。
本条内容は別紙、金銭消費賃借契約を結びその内容に準ずる。
第3条
この期間の交通費(月額上限15000円まで)を支給するものとする。
第4条
受講期間中の、中途無断放棄は認めないものとする。
万が一、中途辞退を希望する場合は受講料として、研修参加日数×10000円請求致します。
第2条にある、金銭消費賃借契約は研修前にサインしたのですが、複写はありません。電話で問い合わせたところ、店舗配属となったときに渡すと言われました。
体調不良で1日欠席、半日欠席、2時間のみ受講、1時間早く早退×2日、全日程は受けていないのですが、1日欠席以外は出席したとみなされ23万円請求されています。
この場合、最初の契約に細かい決まりはなかったのですが、23万円が減額されることはできないのでしょうか?
また、教科書を返却してと言われました。
返す必要はありますか?
第3条にある交通費はどうなりますか?
第2条に受講コース24万円と記載があるのに、この会社が定める卒検に合格しなければ再研修で1日あたり1万円づつ加算されます。こんな話は聞いていません。
契約書にもなかったと思います。
その場合、12ヶ月間この会社で働いても無料にはならないと思いますが…
実際同期で5人で研修スタートして、24万円24日間で卒業したのは1人だけです。
出来が悪く卒業の見込みがない子が辞めたいと申し出ると、もう研修費用が30万円いってるから、フロントで働いてみたら?という話をされたそうです。
今、請求されている金額の支払い義務はありますか?
また、払わなければならないら場合、研修費用の減額はできますか?
受講料24万以上請求されなければ、就職するつもりでしたが最初からこの決まりがあったなら、ここの研修を受けることはなかったと思います。
この件を含めて、明日この会社に辞めると申し出ると共に、研修前にサインした契約書のコピーをとりに行ってきます。
ご意見よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

率直に申し上げて,かなり悪質な会社であると思います。
一番問題なのは,最初にきっちり説明せず,後から金銭を請求するというやり方です。

では,順番に回答します。

まず,23万円の減額ですが,数時間でも受講すれば受講したものとみなして受講料を取るということ自体は,特に不合理ではないかと思います。
そのため,1日あたり1万円ということに合意があれば,23万円の減額は厳しいかと思います。

次に,教科書の返却ですが,一般的に考えて返却する必要はないでしょう。
そのため,教科書を返却することが事前に合意されていない限り,返却の必要はないと考えます。

交通費は,参加した23日分については,支払いを受けることができると考えます。

再研修の件ですが,これが一番ひどいですね。
もちろん最初に説明していない以上,支払い義務はないと考えます。

まとめます。
数時間でも受講すればその日の受講料が発生するという考え方自体は不合理ではありません。
しかし,そもそも今回の契約は,再研修にお金がかかることを事前に説明せずに契約されたものですから,契約自体が錯誤(民法95条,勘違いという意味です)であり,無効である可能性があります。
契約が無効であれば,23万円全額につき支払い義務が生じません。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
回答はご参考になりましたでしょうか。
このサイトは,プラス評価をしていただくことで,専門家に報酬が支払われる仕組みとなっております。
もしご不明な点がありましたら補足で回答いたしますので,ご返信いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問