JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

運送会社に勤めている息子が凍結道路でスリップし追突事故を起こしてしまい、4トントラックを全損させてしまいました。

質問者の質問

運送会社に勤めている息子が凍結道路でスリップし追突事故を起こしてしまい、4トントラックを全損させてしまいました。
職務規定で事故を起こした者は罰則金を払う事になっており、今回は最高額の30万円の罰金になるそうです。
罰則金の事は就職時に聞いていたそうです。 それとトラックには凍結道路用のスタッドレスタイヤをはいていました。
30万円の罰則金は妥当な金額なのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
まず、労働基準法16条に「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」と規定されています。
つまり、「事故を起こした者は30万円の罰則金」などの決まりを設けていること自体、会社は労働基準法違反を犯していることになります。
このような法律上の根拠を引き合いに出し、罰則金の支払いを拒否してください。
しかし、罰則金とは別に、会社に損害を与えた場合は労働者は損害賠償責任を負います。
ただし、裁判所は一般に使用者から労働者に対する損害賠償請求やその金額については一定の制限を設けています。
一概には言えませんが、過去の判例によれば、労働者側に過失があったとしても労働者が負担する損害は4分の1程度とされています。
特にご相談内容のような場合は、通常の業務で起こり得ることであり、それにより発生した損害は使用者が甘受すべきものです。
息子様に故意、過失がないケースですので、損害賠償請求に応じる必要はないと考えます。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

凍結道路にてのスリップによる追突事故なので、「車間距離を十分取っていなかったのが原因と」、過失を追及されることはありませんか?
また、車の年式はわかりませんが、全損と言うことなので結構な損害をあたえていると思うのですが。

罰則金を払わなくても大丈夫でしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご評価いただきありがとうございます。
まず、先ほどの回答で申し上げた通り、罰則金は支払う必要はありません。
そして、会社が損害賠償請求をしてくるかどうかによりますが、損害賠償請求をしてきたとしても、その損害額を立証する責任があるのは会社です。
また、「車間距離を十分取っていなかったのが原因」と、会社が主張するのであれば、会社はそれを立証する必要があります。
あとは今後の会社との関係性を考慮して、いくからの支払に応じるかです。
繰り返しになりますが、法律上、罰則金を支払う必要はありませんし、仮に一方的に給料から控除してくるのであれば、今度は労働基準法24条(全額払いの原則)に違反します。

雇用・労働 についての関連する質問