JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1052
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

1月末より物流の仕事をしていますが、2か月以上たった今もミスが多いということで何度も注意されています。最近、上司

解決済みの質問:

1月末より物流の仕事をしていますが、2か月以上たった今もミスが多いということで何度も注意されています。
最近、上司が一人増えたのですが、今日、商品を落下させて破損させるというミスをおかしました。
これを注意する際、新しく増えた上司より私の言葉が支離滅裂であるということで
「本を読んだことがあるのか、マンガばかりじゃないか」「三十、四十で」と言われました。
(私は現在三十八歳です)
ミスが多く、繰り返す従業員に対して指導、けん責は当然ですし、
私は叱責されて当然のことをしたと思っていましたが
人にうまくものを伝達できないことや年齢のことを言うのは「指導」に入るのでしょうか?
正直、明日会社に行くのが嫌なのですが、それでも出勤しなければ労働契約違反になりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

平成24年に厚生労働省がパワハラの行為類型として次のように発表しています。

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)

仰るように叱責の範囲内ならパワハラではありませんが、ご相談内容を読ませて頂きますと、叱責の範囲を超えているように思います。上記の(2)に該当してくる可能性があるでしょう。

体調不良とのことでしたら欠勤はやむを得ないです。無理はよくないでしょう。ただ、欠勤が増えてきそうなら医師の診断書をつけたほうが良いです。会社が嫌だけでは問題となりますが、体調不良でしたら欠勤はやむを得ないです。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問