JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は1月いっぱいで勤めていた会社を辞めました。2月に1月分の給与が振り込まれたのは良いのですが、郵送されてきた給与明

解決済みの質問:

私は1月いっぱいで勤めていた会社を辞めました。2月に1月分の給与が振り込まれたのは良いのですが、郵送されてきた給与明細書を見ると、年末調整で還ってきたお金が支給額の欄に計上されていました。基本給や諸手当の金額は他の月とはほとんど変わっていませんが、所得税の金額だけが他の月よりも多くなっています。年末調整で還ってきたお金は給与所得とは明らかに正確の違うお金です。年末調整で還ってきたお金は所得税の課税対象になるのでしょうか?辞めた会社に問い合わせれば早いのでしょうが、いろいろあってあまり円満な辞め方をしていませんので、それもできないでいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
あなたが仰る通り、年末調整で還ってきたお金は所得税の課税対象ではありません。
給与計算担当者の単なるミスでしょう。
会社に言って間違って多く控除された分を返還してもらうしかありません。
どうしても会社に直接問い合わせしたくないのであれば、労働基準監督署に相談してみると良いでしょう。
退職月の給与を不当に減額された、つまり、賃金全額払いの原則を規定している労働基準法第24条違反であると主張して会社に指導してもらうようお願いしてみることです。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問