JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話になります すごいシステムですね、ちょっとびっくりしました 建設業者なんですが下請(外注の監督)へ仕事

解決済みの質問:

お世話になります
すごいシステムですね、ちょっとびっくりしました
建設業者なんですが下請(外注の監督)へ仕事を依頼したところ10日ほどで放棄されてしまいました。
残り40日くらいあります
急きょ別の人員等で対処していますが
緊急なので割高です
その中働いた分を欲しいと、居なくなった人が出てきました
全く払わないとは思ってはいなかったのですが緊急人員との差額が本人の10日文を超えてしまっているので予算はオーバーです
どう対処すればよいのか困っています
何か良い案があればお力添え下さい
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun : 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。下請契約をしたのにもかかわらず途中で放棄したとなればそれは契約違反です。質問者様は放棄した下請業者に損害賠償を請求することができます。具体的には下請業者が放棄したことにより、通常よりも完成に費用がかかった場合、その差額を放棄した下請業者に請求することができます。働いた分は払う必要がありますが、余分にかかった費用が、放棄した下請業者の働いた分より多ければ、働いた分は払う必要はありません。逆に質問者様が損していれば相手に損害賠償を請求することができるでしょう。
shihoushoshikun : 一度下請契約をしたのであれば、相手は契約をきちんと果たす義務が生じます。それを勝手に放棄して
shihoushoshikun : 後から働いた分をもらうという都合のいいことは通用しません。
shihoushoshikun : きちんと損害賠償を請求していきましょう。
Customer:

依頼しただけで契約はしていません

shihoushoshikun : 同じことです。口約束でも契約は成立します。相手も工事に着工していますので契約は成立しています。それを途中で投げ出したなら契約不履行ということになります。
Customer:

有難うございました

shihoushoshikunをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問