JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

こんばんは。 このたび私事ではありますが転職することとなり、現在勤めている会社を退職することになりました。

解決済みの質問:

こんばんは。
このたび私事ではありますが転職することとなり、現在勤めている会社を退職することになりました。
有給休暇についてご相談したいことがあり、ご質問させていただきます。
2月頭に直属の上司に退職の旨を申し出て、18日にエリアマネージャーと面談、3月末日退職予定ということで退職届を受理してもらい、2月中に正式な退職日と最終出勤日が決定する運びとなっています。
4月1日より転職先の会社に入社予定です。
就業規則上末日での退職になりますので2月末日最終出勤日、3月は有給消化という予定で申請をしたのですが、面談時に「人員が不足しており、3月も出勤してほしい」と言われました。
「有給休暇全部は消化出来ない」と言われ、買い上げも実施していないということでした。全部で26日残っています。
4年間の恩もあり、なるべく穏便に済ませたいとは思っているので、その申し出は受けることにしました。
本日3月分の勤務表をもらったのですが実際に使用されているのは14日と、半分近くは棄てることに。
直属の上司がエリアマネージャーに3月の勤務表を提出し、本社の人事と交渉し、最終決定になるようです。
今月中にまたエリアマネージャーと面談があり、そこで正式に最終出勤日と退職日が決定するかと思われます。
近しい人間に経理で働いていた者がおり、「有給が使えないことは法律違反だからもう一度交渉しなさい」と言われています。
しかし直属の上司に関しては3月以降も会うので、なるべくもめないようにしたいとは考えております。
エリアマネージャーに直接連絡を取る手段は社内携帯と社内メールがあります。
私自身も有給休暇はすべて消化は出来ないだろうなと思っていたのですが、当然の権利でありますし使えなかった分に対して何も補てんが無いことには疑問があります。
4年間の恩もあり、出来れば穏便に済ませたいとは思っていますが出来るのであればやはり残りの回数を消化をして次の会社に入社したいと思っております。
ちなみに有給休暇は4年間の勤務の中で一度も使用できず、残業代・退職金も出ないような会社です。
お知恵をお貸しいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

3月31日での退職が決定していないとすれば、退職日をもう少し先にすれば有給が消化できます。退職日は期間の定めのない労働契約の場合、憲法22条で職業選択の自由が定められおり、労働者が自由に決めることができます。就業規則が末日になっていたとしても、従う義務はありません。2週間前に申し出れば良いです。

現状、「今月中にまたエリアマネージャーと面談があり、そこで正式に最終出勤日と退職日が決定するかと思われます。」とのことで会社が退職日を決定することになっているようですが、その決定前に退職日をもう少し先にすることを申し出るか、退職日が3月31日ならば消化しきれない分の買い上げを希望するのが良いでしょう。ただ、有給の買い上げは退職で消化しきれない分については可能ですが、会社が買い上げなければいけない義務はありません。

参考までにですが、有給を消化することを第一に考えますと、会社の要望を聞くべきではなかったです。あるいは、3月も出勤して欲しいと会社が言ってきたときに、消化しきれない有給を買い上げるなどの交渉をしたほうが良かったです。人員が不足しており、3月も出勤してほしいという要望に応え、4年間の恩という貴方の思いが通じず、有給の買い上げをしないのですから。

>残業代・退職金も出ないような会社です

→ 残業代については退職日が過ぎても請求が可能です(時効あり)。貴方の気持ちが通用しないようであれば請求をしても良いのではないでしょうか。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問