JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

パワハラについてお伺いしてよろしいでしょうか? 私はデイサービスで相談員の仕事をしております。 一昨年の

質問者の質問

パワハラについてお伺いしてよろしいでしょうか?
私はデイサービスで相談員の仕事をしております。
一昨年の6月に開業したばかりで社長は介護の分野は素人です。
これまで社長から数々の酷い言葉に傷つけられてきました。先日はこの一方的な就業規則の変更に驚いてしまいました。
社長の心無い言葉のせいで平常心が保てません。仕事にも影響が出てきます。社長の顔を見るだけで気持ちが滅入り不快になります。
社長に謝罪を求めることは出来ますでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご理解のほど、ありがとうざいます。
まず、パワハラに関しては、厚生労働省からその定義が発表されています。
【パワハラとは】
同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
社長の言動が上記に該当すれば、パワハラを主張することができますが、法律上、謝罪を強要することはできません。
ただし、パワハラについては損害賠償を請求することができますので、上記の厚生労働省が定義付けるパワハラに該当することを社長に分かってもらい、実際に損害賠償請求も視野に入れていることを伝えれば、社長も謝罪をせざるを得ないのではないでしょうか。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

損害賠償請求とは具体的にどんなものでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご評価いただき、ありがとうございます。
社長の言動によってあなたが受けた精神的苦痛に対する慰謝料のことです。

雇用・労働 についての関連する質問