JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

午前10時30分から午後9時分まで(休憩1時間含む)の通常勤務の後、当日午後10時から翌日午前8時までの拘束(仮眠休

解決済みの質問:

午前10時30分から午後9時分まで(休憩1時間含む)の通常勤務の後、当日午後10時から翌日午前8時までの拘束(仮眠休憩6時間)で宿直勤務し、更に直後の午前10時30分から午後9時までの通常勤務は労働基準法に抵触はしないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
まず、労働時間に関してですが、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といいます。
会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。
つまり、この労使協定の締結・届出が行われていないのであれば違法となります。
また、上記法定労働時間を超えて労働させた場合には、時間外割増賃金の支払い義務がありますし、午後10時~午前5時に労働させた場合には深夜割増賃金を支払う義務があります。
この割増賃金が支払われていなければ違法となります。
さらに、使用者である会社には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。
直ちに違法とは言えませんが、ご相談内容のような勤務体制が常態化していれば、このような観点からも問題と言えます。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問