JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

東京の美容室で働いている木下由紀です。今年の1月にオーナーが変わり退職を迫られて困っています。今日、業務改善誓約書を出されて、3月25日までに店の基準に達しない場合強制的に退店させ

解決済みの質問:

東京の美容室で働いている木下由紀です。今年の1月にオーナーが変わり退職を迫られて困っています。今日、業務改善誓約書を出されて、3月25日までに店の基準に達しない場合強制的に退店させられる内容でした。その日に話し合いする一文もあるのですが、そこで解雇になるような気がします。客からのクレームはありましたが、訴訟になるような事はありませんでした。明日、書類にサインと印鑑を押すように言われています。去年までのオーナーは独立して、スタッフを解雇して今のオーナーに引き継ぎしたのですが、退職金などは払いませんでした。 その店には一年3ヶ月勤務していました。同じ店で二度も解雇になり、退職金も無いなんて酷すぎます。新しい店を探して 働く決意はあるのですが、決まるまで時間が必要です。どうか相談に乗って下さい。よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.
弁護士です。

法律的に有効な解雇をするには、それなりの理由が必要です。
「それなり」というのは、結構厳しいもので、
数回の遅刻とか多少の仕事の失敗で解雇するのはまず無理です。
誓約書があるといっても関係ありません。

クレームの程度によるのですが、ご質問をうかがう限りでは、解雇は難しいでしょう。
会社が無理やり解雇してきた場合には、それは「無効な」解雇である可能性があるのです。

もし解雇が無効であると認められれば、
解雇されたときから裁判が終わった日までの給料がもらえます。
裁判に2年かかれば、2年分の給料がもらえるわけですね。
全額にはならないこともあるのですが、実際は働いていないのにもらえるという点でかなり大きいと思います。

また、その裁判をしている間に賃金を払われるような手続をすることも可能です。

お話しとして難しいかもしれませんが、解雇は失うものが大きいので、
争う場合にはそれなりの手続が必要になるのです。

書類にサインと押印をするとのことですが、
納得していないのであれば、「退職届け」のたぐいにはサインしないようにしてください。
これをしてしまうだけで、今後一気に不利になります。

解雇をされてしまった場合には、やむを得ませんが、
再就職の準備をすることをおすすめします。
こればかりは法律的にも解決が難しいのです。
jo-banをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問