JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

介護施設で連続8回の夜勤があります。週に1度の休みも入れないのは違法ではないでしょうか?また、月に40時間以上の残業

解決済みの質問:

介護施設で連続8回の夜勤があります。週に1度の休みも入れないのは違法ではないでしょうか?また、月に40時間以上の残業(6人でやるべき業務を4人でさせられています。)があり、それもタイムカード通りの残業代は出されずかなり割り引いて申告させられます。こんなことは介護施設では当たり前だと言われ、人間的とは程遠く腰を何度も痛めているので辞めたいと申し出ると、辞めてくれて結構との返事でした。法的に全く問われることはないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
まず、休日に関しては、毎週少なくとも1日または4週間に4日の休日を与えなければならないと労働基準法第35条に定めてあります。
週に1度の休みもないということですが、4週間に4日の休みがあるとすれば、違法とはなりません。
ただし、労働時間に関しては、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を法定働時間として定められています。
会社はこの法定労働時間を超える労働に対して割増賃金の支払い義務があります。
週に1度も休みを入れない結果、週の労働時間が40時間を超えるのであれば、使用者はその分の割増賃金を支払う義務があります。
>タイムカード通りの残業代は出されずかなり割り引いて申告させられます。
賃金不払として労働基準法24条違反です。
このような明らかな労働基準法違反に関しては労働基準監督署に申告することができ、労働基準監督署は労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告を行います。
労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答、ありがとうございます。 介護福祉、医療分野では3日以上の連続夜勤勤務はさせてはならないのだと聞いたことがあったので、違法だと思いましたがそうではないのですね。また、夜勤には通常手当が付いているので、それが支払われているなら、やはり違法とはならないってことでしょうか?8日連続夜勤で、8時間労働として64時間勤務ですが、他の週に休みが取れていれば問題にはならないということなんですね?いずれにしても、体が持ちませんので辞めますが、こんな会社がブラックにはならないなんて、驚きです。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
労働基準法37条により、「午後10時から午前5時までの間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の2割5分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない」と定めてあります。
夜勤手当がこの額を超えていれば違法ではありません。
>8日連続夜勤で、8時間労働として64時間勤務ですが、他の週に休みが取れていれば問題にはならないということなんですね?
先ほどの回答で申し上げた通り、週の労働時間が40時間を超えるのであれば使用者は割増賃金を支払う義務があります。
この割増賃金が支払われていないのであれば違法です。
>こんな会社がブラックにはならないなんて、驚きです。
前回、今回の回答で申し上げた通りです。
>タイムカード通りの残業代は出されずかなり割り引いて申告させられます。
少なくともこの点において明らかなブラック企業ですよ。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問