JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

アルバイト(オフィスワーク)開始待ちの状態の者です。 バイト募集時および採用面接時に 勤務期間は2か月以上と

解決済みの質問:

アルバイト(オフィスワーク)開始待ちの状態の者です。
バイト募集時および採用面接時に
勤務期間は2か月以上とされており、社会保険加入の説明もありました。
ところが面接から2日後に採用決定の電話があった際、
準備だかなんだかが間に合わないなどと言われ、
勤務開始日が当初から変更されて、期間が2か月未満となるとの説明がありました。
(しかも2か月に1日だけ足りないように勤務開始日が設定されている)
・事前条件と異なるという点
・労働期間を短縮する点
において法律的に問題はないのかという事と、
東証一部上場の会社のとる行動としてどうなのか(もはや法律の問題ではないのですが)
を教えていただきたく思います。
バイトに仕事をさせるための準備が本当に間に合わないのかもしれませんし、
業務量が当初より減少したのかもしれません。
しかしそうでない場合を考えると、会社が保険料をケチるためにやっている訳で、
小さい会社ならまだしも、そんな上場会社の利益に貢献するために働きたくないと考えています。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

情報リクエストさせてください。
バイト募集の時の求人票や求人広告は残っていますか。また、採用面接時に労働条件の書かれた書面を渡されましたでしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

求人広告で使用者が求人の募集をすることは、「労働契約の申し込みの誘引」であると考えられ、それに対して働くことを希望して応募することは「労働契約の申し込み」となります。
そして、使用者が採用の通知をすることによって、「労働契約の承諾(成立)」となります。

したがって、求人の募集時の労働条件は確定的なものではないと考えられています。

しかしながら、働くことを希望して応募する方は、求人の募集で示された労働条件に期待していて、また、会社が期待を持たせているのですから、まったく会社に責任がないとはいえないです。ましてや、東証一部上場の会社ということですからふさわしい行動ではありません。

>小さい会社ならまだしも、そんな上場会社の利益に貢献するために働きたくないと考えています。

→ 求人の募集時と面接時と違う労働条件なのですから働くこともないでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

遅くなりましたが情報リクエストへの返答です。(答えが変わることはないかと思いますが)


バイト募集時の求人広告は、ネット掲載のため期限を過ぎて閲覧できない状態、
また当方で特にコピー等取らずじまいです。
採用面接時には書面ではなく口頭で、労働条件の通知がありました。



返信いただいた内容に関連して、補足でお聞きしたいことがあります。
(別個の質問扱いとなる場合は失礼しました)


1.今回のアルバイトを断る場合


使用者の採用通知により「労働契約の成立」とありますが、
この日以降、労働開始日までに使用者側から契約辞退(?)を通知された場合、
または被使用者側から契約辞退を申し出た場合、気を付ける点があれば教えて下さい。



2.今回のアルバイトの条件で働いてみて、期間が延長される場合


2か月以上3か月未満→健康保険・厚生年金 加入不可
3か月以上       →健康保険・厚生年金 加入可
という理解をしていますが合っていますか?


またこういった際、会社側に社会保険加入の義務は発生するのでしょうか。
(あとちょっとだし・・・というようなことでほっとかれるような気がしましたので)


よろしくお願いします。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

>1.今回のアルバイトを断る場合


使用者の採用通知により「労働契約の成立」とありますが、
この日以降、労働開始日までに使用者側から契約辞退(?)を通知された場合、
>または被使用者側から契約辞退を申し出た場合、気を付ける点があれば教えて下さい

→ 労働開始日までに使用者側から契約辞退(?)を通知された場合は、損害賠償の請求が考えられます。労働契約成立後に被使用者側から契約辞退を申し出る場合は、逆に損害賠償請求される可能性がありますが、実際問題としてそういうことはまずないです。特に貴方の場合は使用者側が労働条件を変えてきたという事情があるので損害賠償請求をされることはまずないでしょう。辞退するのであれば早目にしたほうが良いです。

>2.今回のアルバイトの条件で働いてみて、期間が延長される場合

2か月以上3か月未満→健康保険・厚生年金 加入不可
3か月以上       →健康保険・厚生年金 加入可
>という理解をしていますが合っていますか?

→ 臨時に使用される者で、2か月以内の期間を定めて使用される者は社会保険の被保険者とはなりません。したがって、2か月を超えた契約であれば健康保険・厚生年金に加入です。

仮に2か月未満の契約でも延長となって2か月を超えて引き続き使用されることになった場合は健康保険・厚生年金に加入となります。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

先の回答の補足です。

労働契約成立後に被使用者側から契約辞退を申し出る場合は、逆に損害賠償請求される可能性がありますが、実際問題としてそういうことはまずないです。特に 貴方の場合は使用者側が労働条件を変えてきたという事情があるので損害賠償請求をされることはまずないでしょう。辞退するのであれば早目にしたほうが良い です。

辞退の時期も影響してきますが、万が一、損害賠償請求されたとしても、払う義務がない可能性も十分あるでしょう。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問