JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1046
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

同僚が社長からのセクハラで悩んでいます。同僚は現在妊娠中です。私も数年前に発言でのセクハラを受けましたが、私の主人と

質問者の質問

同僚が社長からのセクハラで悩んでいます。同僚は現在妊娠中です。私も数年前に発言でのセクハラを受けましたが、私の主人と社長はお互いに知り合いなので、たぶん、しつこいセクハラには合わなかったと思います。
同僚は入社間もないころから、体を触らせろと何度も言われていたようで、止めてくださいと言ってもの効果がなかったようです。スタッフが少ない小さい事務所なので、同僚と社長が二人きりになる時間が多く、二人きりになるとセクハラがあり、他のスタッフは現場を見たり聞いたりしたことはありません。証拠もありません。同僚の家庭の事情で4月頃までは辞めたくないのです。
私ともう一人のスタッフに同僚が相談してくれ、3人でどうしようか考え悩んだ挙句、社長の息子に相談し、社長にセクハラを止めるように言ってもらいました。
社長は、同僚にも私達にもごめんとかすまんとかの言葉はありませんでしたが、認め、心配かけたねと言ってきました。私には、自分で妻に話し、妻から叱られたと話してました。
私は、それだけでは許せないと思ってますが、同僚も許せないけど、会社を今辞めるわけにもいかないし、訴えるにしても、社長は元消防長であり、現在は、行政書士、保護司という肩書もあります。周りの人からの信頼はあると思います。
ですが、保護司をこのまま続けていいものかと私は強く思います。
社長の奥さまも、社長から何をしたのか詳しく聞かなかったらしく、同僚に何をされたのかと聞きだし、社長に確認したようです。
数日後、同僚に社長が言ってることとあなたが言ってることは違う。あなたは嘘つきだと言ったそうです。自分の旦那を信じたいのはわかるけど、あまりにもひどいと思います。
どんなにひどいことをしたのか、わからせたいです。きちんと謝罪してほしいです。どうしたらいいですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

セクハラは許されるものではありません。セクハラがあった場合には慰謝料を請求することが可能です。慰謝料を請求する方法は①直接の話し合いで請求 ②内容証明書を送付する ③労働局のあっせんや労働審判をするの3つがあります。

裁判をすれば時間と弁護士に代理を依頼すれば費用がけっこうかかるので、労働局のあっせんと労働審判を紹介させていただきます。

●労働局のあっせん
労働局の紛争調整委員会による「あっせん」とは、相対立する個々の労働者と使用者との間に弁護士、大学教授などの学識経験者である第三者が入り、当事者双方の事情を聴取、整理、相互の誤解を解くなどして、当事者双方の話し合いによる紛争の解決を目指す制度です。

参考までに北海道労働局のホームページを紹介させていただきます。
http://hokkaido-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/home.html

労働局は各都道府県に必ず1つあります。

●あっせんのメリット
①非公開
②手続きが裁判ほど難しくない
②迅速な解決が期待できる
③本人が手続きすれば無料(特定社会保険労務士に代理を依頼すれば費用発生)

●あっせんのデメリット
①強制力がない(相手側があっせんの参加を拒否したり、参加しても和解案に応じる義務がない)

●労働審判とは
労働審判官1名(裁判官)と労働審判員2名(民間の労使の専門家)で構成される労働審判委員会が個別労働紛争を審理して調停による解決を目指します。原則、3回以内の期日で審理は終了します。調停が成立しなかった場合は審判が出されます。
審判が出ても紛争の当事者が納得出来ず、異議の申立てがあれば通常の裁判に移行します。
労働審判の申立ては地方裁判所にします。

裁判所のホームページ
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

●労働審判のメリット
①裁判に比べると迅速な解決が期待できる
②事案の実情に即した柔軟な解決が期待できる

●労働審判のデメリット
①通常の裁判に移行すると二度手間となる
②弁護士に代理を依頼すれば費用が発生

●あっせん→労働審判
あっせん不成立の場合、労働審判又は裁判に進むことができます。最初から労働審判又は裁判をすることもできます。

あっせんを求める内容に慰謝料の他に謝罪を含めることもできます。

社長は当事者にセクハラがあったことを認め、言葉をかけていますし、貴方に対しても自分で妻に話し、妻から叱られたと話していたとのことですから今からセクハラを否定するのは難しいでしょう。信憑性も当事者だけでなく貴方も証言できるのですから高いといえます。
何もなければ慰謝料の支払いや謝罪もする必要がないので、慰謝料の支払いや謝罪に応じれば、社長の奥さんもセクハラがあったことが分かるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。同僚にこのことを話し、検討していきたいと思います。

ある程度の肩書があり、周りからは信頼のある人なので、うまくいくか心配です。

こんな人が保護司をしていていいんでしょうか?保護司を辞めさせるには、どうしたらいいでしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

同僚の方はできるだけ詳しくセクハラがあったときの状況をメモに残しておくと良いでしょう。貴方も聞いた話の内容や状況を詳しくメモに残しておいてください。後々、役に立ちます。

当然、セクハラをするような人に保護司はふさわしくありません。

次に該当する場合は解嘱となります。
・人格及び行動について、社会的信望を有することを欠くに至ったとき。
・職務上の義務に違反し、又はその職務を怠ったとき。
・保護司たるにふさわしくない非行があったとき。

保護観察所に申し出をしてください。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

同僚が公的機関に相談に行くと決断しました。

どうなるのか見守り、その後、保護司解嘱の申し出をしたいと思います。

そんな社長と奥様のもとでは、もう働きたくないと思っています。

退職願は1か月前でいいんでしょうか?また、辞めると言ったら後任が決まってある程度仕事を教えてから辞めるように言われると思います。

それを拒否することは可能でしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ジャストアンサーのサイトルールにより評価後に続けて新たなご質問はできないことになっております。申し訳ございませんが新たにご投稿をよろしくお願いいたします。ご了承ください。

ただ、今回だけ特別に少し回答させていただきます。
退職届は期間の定めのない労働契約であれば2週間前の申し出て大丈夫です。後任が決まるのを待つ必要はありません。可能な範囲で引き継ぎをすれば大丈夫です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

わかりました。ありがとうございます。

評価する前に質問したら良かったのですか?

同僚の受けたセクハラに関する相談はいつまで

質問できますか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ジャストアンサーのサイトルールでは評価前でも最初のご投稿に関する専門家の回答で不明点や分かりにくい点があった場合に続けてご質問を頂けます。最初のご投稿にはない別の質問の場合は新たにご投稿して頂くことになっております。

>同僚の受けたセクハラに関する相談はいつまで

質問できますか?

→ 先程は特別に回答させて頂きましたが引き続いてのご質問はご利用頂けません。新たにご投稿(新規にスレッド)をお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ルールを理解しておらずすみませんでした。

困ったときはまた新たに相談させていただきます。

ありがとうございました。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

いえいえ謝ることはないですよ。

またお困りのときはご相談ください。

ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問