JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

こんにちは。初めてメールします。主人の会社なのですが、パワハラで精神的に追い詰められています。仕事の相談ができないほ

質問者の質問

こんにちは。初めてメールします。主人の会社なのですが、パワハラで精神的に追い詰められています。仕事の相談ができないほど、上司にどなられ、まともな仕事が出来なく、かなりの大きいミスをしました。普段では考えられません。組織的な会社なので、かなり上の方からも仕事のミスを言われたそうです。私から見て主人は適応障害になってるみたいです。働きやすくならないですか、
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
パワハラに関しては、厚生労働省からその定義が発表されています。
【パワハラとは】
同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
上司の言動は上記に該当し、パワハラであることは明確でしょう。
しかし、直接上司と話しても改善が見られないようであれば、その上の上司、もしくは会社の相談窓口に相談するしかありません。
>でも忙しいので休ませてもらえず、心身共にまいっています。
使用者である会社には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。
このような観点からも改善を求める必要があります。
体調不良の労働者に出勤を強制することはできませんし、出勤を強制した結果、体調が悪化すれば会社には損害賠償責任も発生することを理解してもらう必要があります。
社内での解決がどうしても難しく、あくまで現在の会社で勤務を継続していくことをお考えであれば行政の力を借りることもご検討されるとよいでしょう。
そのような場合は次のような制度が利用できます。
■労働局長による助言・指導制度
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
■労働局のあっせん制度
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

雇用・労働 についての関連する質問