JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1113
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

(概要) 会社:社員数50名弱 ニット関係KK 本人:31歳男 専門高校卒 10年7ヵ月勤務 営業 ①昨年9月

質問者の質問

(概要)
会社:社員数50名弱 ニット関係KK
本人:31歳男 専門高校卒 10年7ヵ月勤務 営業
①昨年9月初旬社長に退職を願い出た。社長は引継のためしばらくいるようにと話した。
②11/5 会社経理担当上司から11/20退職日となる話があった。
(6~19は会社出社した有給を消化したが、一部有給をダメと言われた)
③11/20退職事務手続きで出社
・離職票にサイン
・解雇退職となる。退職金が共済から振込まれるので、後日全額会社に返還して欲しい。
と会社経理担当上司から言われる。
・本人は返還するなら共済返還したい書面提出しても良いと言ったが、必要ないと言われる。
④1/15 経理担当上司から本人と連絡がつかないのでと本人父親へ本人から退職金を全額会 社に返還するようと電話があった。
(その他)
・退職願、解雇通知等の書面は無くすべて口頭やり取り。
・退職金は本人に振込済み
(本人父親聞取概要)
会社
・約2年前から遅刻が多くなり勤務態度、成績が悪く二度目はダメと注意したが改善されず解雇  となった。
・退職金は全額会社口座に振込んで下さい。
・本人と話合いがしたい。(来週話合い予定、場合によっては歩みよれるようなニュアンス)
本人
・約2年前から会社、本人の将来を思い退職を考え、子も出来たことから今回退職の決断をし
た。9月以降社長と話かったが会えず避けているように思えた。
・遅刻は認めている。解雇退職に不満は言わない。
・退職金返還は必要ならば応じる。
・入社勤務継続5年の表彰   昨年4月から給料を減額されている。
(父親の相談毎)
①解雇退職をどうこう言いませんが、就業規則等にもよるが入社から8年目迄の実績を考えた時   退職金全額を会社に返還しなければないのか?
②話合いで歩みよれた場合、退職金の何%というような目安はあるのか?その場合の書面やり  取りは?
以上ですが宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

ご相談内容を読ませて頂いた限りにおいては退職金を返還しなければいけない理由が見つかりません。

懲戒解雇の場合は、就業規則に「懲戒解雇の場合は退職金を支給しない」と明記されていれば退職金の不支給が認められることがあります。(仮に明記されていなければ退職金を不支給とすることができません。)しかしながら、懲戒解雇ではないようですし退職金を返還する必要はありません。

退職が自己都合退職なのか、普通解雇なのか、懲戒解雇なのかは重要です。また、仮に普通解雇や懲戒解雇だったとしてそれらの解雇が相当だったかどうかも重要です。

解雇は労働契約法16条「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」により、簡単に有効とはなりません。

また、同じ解雇でも懲戒解雇はさらに次のような相当厳しい要件を満たすことが必要です。
①懲戒事由や懲戒の種類が就業規則に明記されていること
②就業規則が周知されていること
③懲戒規定の内容が合理的であること
④就業規則の懲戒事由に該当した事実があること
⑤平等な取扱いであること
⑥処分の重さが相当であること
⑦適正な手続きを踏んでいること
など

ご相談内容の範囲では懲戒解雇は有効とはなりません。

>①解雇退職をどうこう言いませんが、

→ どのような退職だったかについては、退職金の支給に影響してくるので主張すべきことは主張したほうが良いです。仮に懲戒解雇だった場合は懲戒解雇が有効か無効かを争ったほうが良いでしょう。

>①昨年9月初旬社長に退職を願い出た。社長は引継のためしばらくいるようにと話した。

→ これだと自己都合退職となります。普通解雇でもないし、懲戒解雇でもありません。

>就業規則等にもよるが入社から8年目迄の実績を考えた時   退職金全額を会社に返還しなければないのか?

→ 退職金を返還しなければいけない理由はご相談内容を読ませて頂いた限りにおいてはありません。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

・この間は有難うございました。再相談です。

ご回答を会社担当者に伝えましが、一週間返事がなく。返事は?と尋ねたら社長に相談するとのことで社長が手紙をくれました。内容は解雇に至った経緯が細かく書いてあり、会社に損害を与えたり、取引停止になり会社信用をなくした。又2年間の遅刻、無断欠勤を一覧にしてあり、本人と会社の問題だから本人と話合いがしたいと結んでありました。

1.手紙の中では懲戒解雇か普通解雇は言っていない。

2.私が会社担当者に最初確認した時は懲戒解雇ではないと聞きました。

3.手紙の内容では解雇はやむを得ないと思っております。(本人も)

4.話合いをすれば当然、退職金返済の話がでてきます。

私も疲れました、今後、こちらの窓口を特定社会保険労務士さんに依頼しようとも思っていますが、探しきれません。(法律事務所は費用が高そう)

話合いをすれば、解雇経緯をぶり返され、新職場勤務の本人の気持ちが心配です。退職金を返還すべきでしょうか?又争う場合は元職場の労働基準監督署への相談となるのでしょうか。

長くなりましたが、良いアドバイスがあればと思っています。

宜しくお願いします。    (本人父)

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

申し訳ございませんが、ジャストアンサーのサイトルールにより、評価後に新たにご質問がある場合には新規にご投稿をお願いいたします。

特別に少しだけ回答させていただきますと、退職金を返還する理由が読ませて頂いた限りにおいては見当たりません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

特別の回答有難うございます。

前の相談とリンクするので、あなたに届くのかなと思ってしました。

新規の相談方法はどの画面でするのか分かりません。

尚、月極め会員登録をしております。その画面でもあなたに届くのでしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

申し訳ございませんが、専門家側から相談者様の画面がどうなっているのか分かりません。
大変お手数ですが、ジャストアンサーの運営にお問い合わせをお願いできますでしょうか。info@justanswer.jp 
よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問