JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

営業の管理職として従事していました。ある時に部下のオーダーの中で不審なものを発見しました。外注の過払いであっ

質問者の質問

営業の管理職として従事していました。 ある時に部下のオーダーの中で不審なものを発見しました。外注の過払いであっ たためにすぐに事業部の管理部門に連絡し、外注先や当人からヒアリン グを実 施しました。横領は認められなかったものの、過払いや他のオーダーの補填に使 用されていたために本人と外注先から顛末書を取り、報告書を作 成した上で、 管理部門に報告したところ、本部には報告せずに問題が大きくなるので、ドキュ メントは破棄して適正化を図るように指示がありました。 私は適正化を図り、 その案件から担当者を変更させました。(その時には横領まではわからなかっ た。ドキュメント類は保有) その直後に本部に対して、匿名でその案件の調査を手伝った関係会社と私との横 領を示唆するメールがあり、本部管理部門と事業部は満足な調査をしな いま ま,私の評判が悪いという理由とともに、私に対しては「緊急避難」という事で管理職を外れる人事がありました。 (本部長の耳に入ったのでという理由でした。) 上司から周りへの聞き取り調査からその匿名は前述の担当者だと考えられるとの ことで、その担当者もその後その部署から異動をさせるから堪忍してくれ。 すぐに戻すという約束で管理職を離れるという説明がありました。 異動した後は私は今までの職制・職歴とは関係がないフロアの見回り、座席表の 作成、事務用パソコンの修理をさせられました。 (抗議のドキュメントあり) その後、1年間その仕事に従事させられ、その後、雑務のような仕事は免除され ましたが、満足な仕事がない状況でした。7ヶ月間は全く業務がありませんでした。 なんと、その後、税務署からの調査がきっかけで、前述の不審なオーダー他でそ の担当者を含む数人が結構な額の横領をしたことが判明しました。それ 以外に ないか調査されましたので、丁度、私とその関係会社も調査され、結果的に潔白 がはじめて証明されました。 そのメールは横領がばれないように私とその会社を外す目的だと推測されますが メールとの関連性は現時点で調査されていません。 2名の上司に、横領の冤罪を受けた事。もどすという約束を果たして欲しいと 話し合いを持ちました。(隠し音源あり) 結局、復職をすることもなく、冤罪を受けたということも認めていません。

現在、人事側と話合いをもっていますが、管理職不適格の説明を当時していなかった
のであらためてすればよいという姿勢です。

隠し撮りの音源には私が説明しており、一人の上司は合いの手をいれています。
否定は全くないのですが、強い肯定もありません。

今回、音源を公開するのですが、とりあえずが、対象部分の書き起こしをその場で
みせるだけにしようとおもっています。
(前回、別の音源を聞かせたところ、私の発言に対し上司が強い肯定がなかった。上司は私を被害者だとおもっているという発言あり。しかし一般論ということで、安心して帰っていきました。)

かなり明確な証拠だとおもっていますが、難癖をつけられそうで困っています。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。
ご文面を只今拝見させて頂きました。
文面内容が事実であれば、貴方に非は全く無いどころか、むしろ冤罪を着せられての最大の被害者であるといえるはずです。
従いまして、会社に対し証拠の提示も含め、上記詳細についてきちんと書面に記載された上で名誉回復及び前職復帰、さらには降格に関する減給等の不利益について損賠補償を求められるべきです。
会社がそれでも認めない場合には、当然ながら損害賠償請求を検討されてもよいでしょう。その際は労働問題に精通したお近くの弁護士にご相談される事をお勧めいたします。但し、裁判となりますと会社との敵対関係が明確になりますので、今後のキャリアも考えて余り事を大きくしたくないようでしたら、労働基準監督署へ行かれてより柔軟な解決を模索できるあっせん手続を利用される事も視野に入れられるとよいでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問