JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

どのように対処することが最善かご教示ください。 現在歯科衛生士として歯科医院に正社員として勤務しております。 2つ(A医院・B医院とします)の医院がある医療法人で、 私は

質問者の質問

どのように対処することが最善かご教示ください。
現在歯科衛生士として歯科医院に正社員として勤務しております。
2つ(A医院・B医院とします)の医院がある医療法人で、
私は分院であるB医院に勤務しております。
今年10月頃から、スタッフとうまくコミュニケーションが取れなくなり、
ストレスからの不眠、11月に心療内科を受診し睡眠導入剤を処方してもらいました。
それでもスタッフとはうまくいかず、症状も快方せず、
11月27日より仕事を休むことにしました。
(当初は休職の予定でしたが有給消化で現在に至ります。)
スタッフとうまくいかなくなった原因が「これ」とはっきりしたものがわからないのですが
クリーニングの際、「歯石がきれいに取れていない」
「カルテの書き方があいまい。これでは口腔内の状態がわからない」
「クリーニングの際、先に主訴を書け」
「乳歯を無理やり抜こうとした」
(小学4年生女児←永久歯に生え変わったが、乳歯のかけらが残っていたことに対して)
「前回きれいに歯石が取れていなかったから抜歯になった。ショックだった」
(40代女性→数年前からグラグラしていた歯。数年の間に私を含め他2名の衛生士もクリーニング担当)
等々、B医院長から注意をここ数か月受けるようになりました。
他の衛生士のカルテの書き方や、クリーニング方法を見て改善点を探したり
本や文献を読んだり、家で模型を使い練習したりと自分なりに努力はしてきました。
乳歯も抜こうとなどしていません。隣の歯の汚れを取っていただけです。
それでも注意されることがさらに多くなり、一生懸命やりすぎて患者様に痛いと言われてしまうことも出てきてしまいました。
患者様の主訴をカルテに書くことは前からやっていましたが、
B医院長は見ることをせず医局でお茶を飲んでいることもあります。
他の衛生士が書いていなくても注意はしていません。
B医院には3年超勤務していますが、それまでは概ねスタッフとの関係は良好だったと思います。
ですが、上記のようなことが続き、B医院長やチーフ衛生士から無視されるようになりました。
不眠に加え、眩暈や動悸、過呼吸などの症状も出始め、患者様を診るのが怖くなり
仕事を休むことを決めました。
本当は私が「辞める」と言うのを待っていた雰囲気がありました。
12月2日に「新しい衛生士が決まりそうです」との連絡。
(この時点では実際は採用決定していないと思います。知り合いを通じて確認。)
私の休みがどのくらいになるか(病状が改善するか)わからないので
求人募集、採用は当然の処置であると考えます。
「後任が決まりそうとのこと、私が復職することは可能なのですか?」とお聞きしたところ
「復職希望であれば理事長のA医院長に連絡してください」と。
A医院長からは一度「今後の希望や諸々手続きのためA医院に来てほしい」と
言われましたが、私自身の体調が悪化し見送っています。
また、「休みに入ってから早々の後任決定しそうとのこと、復職する余地はあるのか、
解雇の意思があるのではないか」の問いには
「業務に支障をきたす可能性があるため募集したまでで、解雇を考えているわけではない」と復職できるかどうか、には言及していません。
当 医療法人では一昨年から今年にかけて5人の歯科医師が退職しております。
その間入職した歯科医師は1人です。
当然売り上げは(どんなに衛生士・助手が頑張っても)減少しています。
ボーナスも減らされましたし、昇給もしたりしなかったり、しても千円~二千円程度です。
売り上げが上がっていないのですがから当たり前の話ですが、
理事長のA医院長は「訪問診療で売り上げを上げている」と言っています。
が、訪問先の外でタバコを吸っていたりと「何をしに来ているのかわからない」という
話も訪問先から漏れ聞こえてきています。
経営努力をしているとは従業員として思えません。
数か月前にはA医院勤務の衛生士が歯科医師からの度重なる叱責や罵倒から体調を崩し
医師の診断書を取り即日退職届を提出し、退職したそうです。
前置きが長くなってしまいましたが、今後の対処方法について質問させてください。
現在の私の体調を考えるとB医院への復職は難しいと思います。
B医院長にあることないこと言われたり、
勤務開始時間ギリギリに来てのんびり着がえて、ネットサーフィンしている
チーフ衛生士とは働きたくありません。
退職することになるかと思いますが、
自己都合の退職としたほうがいいのか。
解雇としてもらったほうがいいのか。
または一度休職扱いにしたほうがいいのか。
その場合どのような手続きが必要なのかご教示いただきたいと思います。
長文失礼いたしました。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

解雇は使用者から労働者との雇用を一方的に解除するというものですから、労働者のほうから希望するものではございません。「解雇を考えているわけではない」とのことなので、労働者から使用者へ退職を希望するのは自己都合です。労働者から使用者に事実に反して解雇扱いにしてもらい、かつ、解雇の離職理由で失業保険を受給するようなことがあると不正受給となります。

したがって、①復職か②休職にしてもらうか、③自己都合での退職の選択となります。①の復職についてはもし体調が回復して復職を希望する場合は、人員を増やしたという理由で復職を拒むことはできません。仮に復職させなければ不当解雇となります。ただ、現時点では「現在の私の体調を考えるとB医院への復職は難しいと思います。」とのことなので、①は困難でしょう。

②と③のどちらが良いかは、体調が回復して復職後に働き続けることができるかどうかです。一緒に働きたくない人がいて、もし復職できたとしても再度、悪化の恐れがありそうならば退職を選択されるのが良いでしょう。

>B医院長やチーフ衛生士から無視されるようになりました。

→ 無視はパワハラです。パワハラによって退職せざるを得なくなった場合で、失業保険を受給できる場合は特定受給資格者となります。特定受給資格者となると、勤続年数と年齢によって失業保険をもらえる日数が増えます。また、自己都合の場合は3か月の給付制限がありますが、特定受給資格者の場合は3か月待つことなく受給できます。なので、失業保険のことだけを考えるのであれば、パワハラによる離職でハローワークが特定受給資格者と判断してくれれば良いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ecotae先生

返答ありがとうございます。

自主退職する方向で対処していきたいと思います。

「無視はパワハラ」とのお話でしたが

それはどのように証明すれば良いのでしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

ご決断を尊重いたします。

パワハラについてですが、医院と無視があったことの話し合いをして事実を認めてもらえればそれが一番です。そして、離職票の離職理由をパワハラと記載してもらえれば、後はハローワークの判断により特定受給資格者となります。ただ、医院がそう簡単にはパワハラを認めないでしょうから医院にパワハラで裁判はしないと伝え、金銭を請求しないとすれば、パワハラを認めて離職理由を記載してくれる可能性は上がります。離職者が特定受給資格者となっても直接、医院に負担は発生しないからです。

他の方法では、「証言してくれる人を探す」です。ただ、無視があったことをハローワークに証言してくれる者がいれば良いのですがなかなか在職している者は協力してくれないでしょう。退職している者は比較的、証言してくれやすいです。

まずは話し合いの場を持つのが良いでしょう。

ところで、特定受給資格者とは別のことなのですが、病気による離職の場合は、正当な理由による自己都合退職となり、3か月の給付制限がなしになることがあります。正当な理由のある自己都合退職とハローワークに判断されるためには、ハローワークに備え付けてある書類に医師の証明をもらう必要があります。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

返答ありがとうございました。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

評価くださいましてありがとうございました。

ご相談の件がより良い方向に進むことを願っております。

雇用・労働 についての関連する質問