JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

7月半ばにホテルのウェイトレスの面接を受け、その場で即採用となりました。私の希望する時間帯のシフトだと週に1、2回程

解決済みの質問:

7月半ばにホテルのウェイトレスの面接を受け、その場で即採用となりました。私の希望する時間帯のシフトだと週に1、2回程度の出勤で、お盆は出て欲しいとの事で話が終わりました。数日後現場担当者からあいさつの電話がありました。お盆を過ぎても連絡が来ないので私から電話すると、お盆は人員が足りたとの事でもう少しお待ち下さいとの事でした。待っても連絡が来ないので、またこちらから連絡するともう少しでシフトに入れられるのでお待ち下さい、が2、3回続きました。連絡を待っても来ないので、今月2度程担当者に電話をしましたが、電話に出ず、折り返しの電話もありませんでした。また日を改めて電話をしたら、やっと折り返しの電話があり、人事担当者から電話をさせるとの事でした。今日人事担当者から電話があり、私の希望した履歴書の返還とお詫びをしたいとの事でした。電話を待っていた期間の補償の話をしたら、雇用の状態にはなっているが登録制で必要な時だけ呼び出すと説明したはずだとの事、だから補償はないと言われました。面接の段階で聞いた私の話と食い違っています。全て口頭での雇用契約なので言った言わないの水掛論状態です。私は補償をうけられないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
>面接を受け、その場で即採用
この時点で労働契約は成立しており、今回のケースはいわゆる「内定取消し」に当たります。
>私は補償をうけられないのでしょうか?
今回のケースは明らかに会社側の落ち度ですので、電話を待っていた期間及び新たな転職活動期間の補償を請求するべきです。
>全て口頭での雇用契約なので言った言わないの水掛論状態です。
あなたのおっしゃる通り、このままでは言った言わないの水掛け論が続き、当事者同士での解決は難しいでしょう。
そこでこのようなケースで労働者が泣き寝入りしないために、近年では労働者保護の観点から次のような制度がスタートしています。
①労働局長による助言・指導制度
労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターにご相談ください。
相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
②労働局のあっせん制度
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、使用者からの和解金(慰謝料)の支払いによって、概ね1ヵ月程度で解決します。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html
③労働審判制度を利用する。
あっせん制度でも解決できないのであれば平成18年4月からスタートした労働審判制度を利用するとよいでしょう。
労働審判制度とは裁判所において、原則として3回以内の期日で、迅速、適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。
裁判官である労働審判官1人と労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2人とで組織する労働審判委員会が審理し、適宜調停を試み、調停がまとまらなければ、事案の実情に応じた解決をするための判断(労働審判)をします。
訴訟の解決期間は短いケースでも1年足らず、長い場合は2~3年かかるのに対して、労働審判は3カ月程度で解決します。
費用も数千円から数万円程度で利用できます。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html
内定取消しの場合は、上記のような制度を利用して、給料の1~3ヶ月分に当たる慰謝料(和解金)で解決するのが一般的です。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問