JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

はじめまして。質問いたします。現在、塾講師、予備校講師として就職中で、いくつか来年度の出講が決まっています。他に好条

解決済みの質問:

はじめまして。質問いたします。現在、塾講師、予備校講師として就職中で、いくつか来年度の出講が決まっています。他に好条件の職が見つかり、そのうちの一つの出講を取りやめたいと申し上げたのですが、受け入れてもらえません。たしかに、週2日の出講には承諾しましたが、法的な拘束力はありますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
kionawaka :

就業規則に何か、同業他社への就職の制約がある場合は、かかって参ります。そのあたりはどうでしょうか?労働契約(雇用契約)ではなく1コマいくらの請負又は業務委託の契約の場合は話しが別です。しかし後者の場合指揮監督も受けないし、時間管理も自由裁量になります企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

kionawaka :

そのあたりの勤務実態、給与体系はいかがでしょうか?

Customer: ありがとうございます。今回揉めている企業とは、非常勤つまりバイトと同じ雇用形態で、時給です。2/1から来年3/31までとの契約書にもサインはしました。他の同業での勤務は制限されておりません。他に決まった企業は、正社員の待遇のため、私としてはそちらに行きたいと考えています。
kionawaka :

それならば問題ないと思います。雇用契約書には、あなたが出講をとりやめることについて

kionawaka :

何か取り決めもないという場合でしたら、塾がわの要請に法的拘束力はないと思います。ただ使用者がわが何らかの対抗手段を講じてくること(退職勧奨、退職強要)が十分に予想されるのですが、その点はどうお考えでしょうか?

Customer: ありがとうございます。現在、揉めている塾では就業はしておらず、来年度(2/1から)の出講に関する契約です。なので、退職勧奨のようなことはありません。
kionawaka :

 そうであるならば、問題はないと思います。

kionawaka :

ほかにご質問はないですか?

Customer: ありがとうございます。すっきりしてきました。今後は、先方に出講できないことを引き続き伝えるつもりですが、了承いただけない場合はどういう対処が必要でしょうか。
kionawaka :

やはり相手がどういう対抗手段に出てくるかによりけりだと思います。ここで予想されるのは、先にお答えしたような退職勧奨なりなんなりで、あなたの転職を妨害することだと思います。その行為自体はパワハラ(不法行為)に当たりますので、それなりの対応をすればよいと思います。しかしここで先回りして、あなたがこういうことをすればパワハラになります云々の言はいわなくてと思います。相手のコマの進め方によって淡々と対応していけばよいでしょう。了承されなくても、例えば退職届なり辞職願を提出して、出勤しなければそれまでですものね。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問