JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1046
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

同僚がタイムカードの改ざんをしたり、残業代の水増しをしています。上司に訴えても、上司と不倫関係にあり、こちらが不利に

解決済みの質問:

同僚がタイムカードの改ざんをしたり、残業代の水増しをしています。上司に訴えても、上司と不倫関係にあり、こちらが不利になります。実際、別の同僚は、このことが原因で辞職しました。周りの同僚もみんなこのことを知っていますが、どうすることもできず、毎日、しごとをしているのがバカのように思えます。このようなことは、どこに相談すればよいのですか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

上司に訴えても不利になるような場合は、コンプライアンス窓口(会社によって名称は異なります。社内窓口です)に相談すると良いです。もし、お勤めの会社にそのような窓口がなければ人事課や法務に相談してください。あるいは、上司のさらに上や社長に相談するのも良いでしょう。

貴方や同僚など普通に働いている者からすればとんでもないことですが、経営者は賃金を支払う側なのですからさらに許せない行為です。

社内窓口や上層部等に相談すると通常は、事実確認の調査を行います。そして、不正を確認できれば懲戒処分などを行います。

上記とは別に、貴方と同僚が協力して証拠を押さえておくことも可能と思います。例えば、その不正をしている同僚の業務開始時刻や終了時刻をメモしておくとかです。どのような業務を誰と行っていたなどの状況を加えるとより良いです。そして、社内窓口や上層部にその証拠を提示すれば会社はしかるべき対応を取るでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございます。

説明不足で申し訳ありません。上司というのは、歯科医院の院長、なので、相談窓口はありません。このような場合、私たち従業員はどうしたらいいのでしょう。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

個人医院の院長と同僚の不倫なのですね。
そうなると確かに難しい問題です。

労働基準監督署に総合労働相談コーナーがありますので相談はできます。また、労働局長による助言・指導という制度があります。労働局長による助言・指導とは労働局長が個別労働紛争の問題点を指摘し、解決の方向を示唆することにより紛争当事者が自主的に紛争を解決することを促進する制度です。

ただ、院長が相手となると、よりできるだけ多くの証拠をあらかじめ押さえておく必要があるでしょう。タイムカードは院長が保管しているでしょうし不正はないと院長が証言すれば困ることになるからです。

周りの同僚の方が事実を知っているのはプラス材料です。協力して力を合せることが重要でしょう。複数の証言があればそれは強い証拠となりますし、経営者からしても従業員が力を合せて立ち向かってくるのは嫌なものです。

それから不倫という事実があるのであれば、経営者にとっても同僚にとっても明るみにでるのは困るはずです。その点も貴方や周りの同僚の方にとってプラス材料でしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

具体的なご返答ありがとうございます。

不倫関係ということを従業員が知っていることを承知でこのような常識ではとても考えられないような行動をします。生活のために、辞めるに辞められない従業員もいます。決死の覚悟で、行動を起こさなくてはいけないのですね。とても、不安です。驚きなのは、院長の家族、不倫相手の家族もこのことを知っていることです。どちらの家族も苦しんでおられるようです。ぐちゃぐちゃです。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

生活のために頑張っておられる方からするとより一層腹立たしいことだと思います。ご不安はあると思いますが、証拠を集めていくと少しずつ自信は出てくるでしょう。証拠があると心強いものです。

>驚きなのは、院長の家族、不倫相手の家族もこのことを知っていることです。どちらの家族も苦しんでおられるようです。

→ それぞれの家族が知っているのですね。すると、家族から不倫相手に対して慰謝料請求も今後、あり得ると思います。慰謝料請求は何百万になるのが相場ですから、不倫の代償は大きいです。残業の不正も周りの同僚の方と協力することにより、良い方向に向かうのではないでしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。知識を得ることで、少し落ち着きました。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご丁寧にありがとうございます。

ご参考になりましたら下記対応をよろしくお願いいたします。
より良い方向に向かうことを願っております。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問