JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

パソコンから労働時間を特定されるでしょうか? 社員Aの主たる業務はパソコン操作ではない。 製作施工が主たる業務。

解決済みの質問:

パソコンから労働時間を特定されるでしょうか?
社員Aの主たる業務はパソコン操作ではない。
製作施工が主たる業務。
労働時間の配分はパソコン操作時間は推定10%ぐらいと思います。
Aは車通勤で朝のラッシュを避け、早めに会社に到着。その時点でタイムカード刻印。
就業後もラッシュを避け、遅めに退出。 タイムカード刻印なし。
Aは労働時間の特定をパソコンの履歴から算出しました。
但し、Aのパソコンはスペックが一番高いので、社内の誰もが自由に使えました。
もちろん、ログインパスワードもありません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。
文面内容拝見させて頂きました。
パソコン操作が主業務でなくとも、出退勤の管理を実際にパソコンで行っていたり、或は出退勤の際に各人毎にログイン・ログオフをすることになっていたりしますと、パソコンから労働時間を特定されその時間に応じた賃金請求が認められる可能性は高くなります。
しかしながら、御社の場合ですと、パソコンは誰でも自由に使える事に加えまして、各人毎のログインパスワードも存在しないという事ですので、パソコン履歴のみで労働時間を特定し認める事は通常であれば困難といえるでしょう。
但し、タイムカードも含めて労働時間の管理をきちんと行う義務は会社側にございますので、各人の労働時間をきちんと管理しておらず、会社側で労働時間の特定が出来ないとなりますと、裁判等のトラブルになった際に当人の主張が採用される可能性もないとまでは言い切れません。
従いまして、対応としましては、
・会社側でパソコン以外の労働時間に関する証拠を示す事
・早め・遅めの出退勤の部分について、就業時間に含まれていない事を就業規則等ではっきり説明出来るようにしておき、会社の知らない間に勝手に当人が来ている事(つまり、それ自体会社の指示や許可を受けていない違反行為である事)を明確に示される事
・それらの時間に当人が業務に従事していない事を示す事
が重要になります。
これらを示す為には、やはり職場の上司や同僚の証言を得る事が有効といえますので、そうした客観的な証拠集めをしておかれるとよいでしょう。
もしそうした対応が難しいようであり、当人の主張を覆す事が困難と思われるようでしたら、念の為労使間トラブルで経営者側での経験豊富な弁護士にご相談された上で対応される事をお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

当時、弊社は個人経営で経営者以外、正社員4名、パート1名で就業規則がありませんでした。 現在は作成しています。

質問者: 返答済み 2 年 前.

当時、弊社は個人経営で経営者以外、正社員4名、パート1名で就業規則がありませんでした。 現在は作成しています。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
ご返信有難うございます。
就業規則は当時無かったという事ですね‥ 従業員数からも作成義務はございませんのでその点は問題ございません。
但し、労働契約書(=労働条件が記載された文書で、労働条件通知書でも同様の効果があります)の交付は労働基準法上必要ですので、この方に関しても入社時に作成されていると思われます。労働契約書には始業・終業時刻が記載されているはずですので、勿論就業規則が無ければその代わりになります。万一契約書作成がされていないとしますとそれ自体は問題ですが、現在の就業規則が周知されていたとしますと当人も勤務時間帯は分かっていたはずので、当人の勝手な残業である事は示す事が可能といえます。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問