JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

すいません、少しよろしいでしょうか?

解決済みの質問:

職場で、パワハラと訴えられました。相手が訴えた先は、職場の懲戒委員会です。事情を聞くので、来るようにとのことですが、どのように対応すべきなのでしょうか。

事実を話して、言い訳っぽく取られるかもと不安です。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
あなたはパワハラと誤解されるような言動を行ったのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

ひとつには、自ら「やります」と言っておきながら「させられた」としてパワハラだ、と訴えられています。

もうひとつは、相手のことを言っているわけではないのに、自分のことを言われたとして、パワハラだ、と訴えらています。

そして、それらだけが原因ではないのに、それらのみをして、休職(体を壊した)原因だといわれています。

それぞれにこちらの言い分はあるのですが、それを証明する証拠がなくどうしたらよいものか、また周りの人の証言がどこまで有効なのか、悩んでいます。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
パワハラに関しては、厚生労働省からその定義が発表されています。
【パワハラとは】
同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
【パワハラ具体的行為】
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
仮にあなたの言動が上記のいずれかに該当したとしても、それだけでパワハラとして違法と判断することはできません。
パワハラの違法性は、被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられてるからです。
つまり、あなたがパワハラでないことを証明する必要はなく、パワハラを受けたとする相手側がその証明をする必要があります。
そもそもご返信内容を拝見すると、あなたはパワハラをしたわけではないので、ありのままを正直にお話しをされると良いでしょう。
あなたがパワハラを行ったという証拠がないにもかかわらず、懲戒委員会で何かしらの懲戒処分を決定しようものならば、それは懲戒権の濫用として無効となります。
また、逆にあなたが損害賠償請求(慰謝料)を請求することも可能になります。
単なる業務上の指導をパワハラと主張してくる社員もいますので、そのような場合は、あくまで業務上の指導を行っていたに過ぎないと主張してください。
繰り返しになりますが、あなたがパワハラを行っていなかったことを証明をする必要はありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

もし、パワハラに該当するとして、日時や場所、様態などが、メモとして出されている場合は、不利なのでしょうか?メモなどあとからでも作成できそうな気がするのですが、そうなると否定もできませんし、心配です。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
パワハラはしてないんですよね?
してないのであればそのようなメモがあっても不利にはなりません。
事実ではないのですから。
>メモなどあとからでも作成できそうな気がするのですが
虚偽のメモなど作成してあなたを陥れようとするのであれば、あなたが訴えるべきです。
remember2012をはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問