JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして、33歳女性で双極性障害で現在勤務が困難となり、6/1入社(正社員)の企業を11/25以降欠勤しているも

解決済みの質問:

はじめまして、33歳女性で双極性障害で現在勤務が困難となり、6/1入社(正社員)の企業を11/25以降欠勤しているものです。
休職か、退職かの選択を明日、会社でしなければなりません。
一人暮らしのため、経済困窮となっており、傷病手当金もしくは失業保険を受給できなければ
生活をしていくことが出来ません。
そこで質問させていただきたいのですが、
①休職と決まった場合、私は傷病手当金に該当しますでしょうか。
②退職の場合、正当な自己都合退職にあたり、すぐに失業手当を受給できますでしょうか。
※現在の仕事は専門性が高く、ハードだったため体調を崩してしまいましたが、日常生活に大きな支障はなく、職種を選びなおせば働ける状況ではあります。
このような時間帯に大変恐縮ですが、ご指南いただきたくご連絡させていただきました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
お身体は大丈夫でしょうか。お大事にしていただけたらと存じます。
さっそく回答させていただきます。
①休職と決まった場合、私は傷病手当金に該当しますでしょうか。
⇒傷病手当金の請求が可能です。最長で1年6ヶ月の受給になります。
②退職の場合、正当な自己都合退職にあたり、すぐに失業手当を受給できますでしょうか。
⇒正当な理由である、
体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触角の減退等により離職した者、
に該当するため、制限期間無く失業保険の受給が可能と考えられます。
ただしそれぞれ①は保険者の認定、②はハローワークの認定、が必要な事項ですから、直接ご確認されますようよろしくお願い致します。見解は全国統一ではなくそれぞれの組織によって異なる場合がございますので断定的な判断はできませんので何卒ご了承ください。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問