JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1101
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

5年前に転勤してきましたが、転勤してからずっとパワハラ行為を受けてきました。 お前の変わりは、いく

解決済みの質問:

5年前に転勤してきましたが、転勤してからずっとパワハラ行為を受けてきました。
お前の変わりは、いくらでもいる。給料泥棒などと言われたりクレームがくると呼ばれて
皆の前で怒鳴られたり、何もしていないのに怒鳴られたりしました。
3月には、駐車場で女性の方と口論になり女性の方が文句を言ってきたので「警察を呼
んで話を聞いてもらいしょうか?」と言いました。
仕事を終えて会社に戻ると上司に呼ばれて「駐車場で何があったんだ」と言われたので事情
を話したら「お前!警察を呼ぶと言ったんだって?何で警察が関係あるんだ!お前のクレームで
1時間も話された!ふざけるな!」と言われ「警察を呼べるなら呼べ!」としつこく言われました。
私は、会社を出て車に戻るとしばらくして上司が来て「お前が、警察に行くって言うのなら行
ってやる。」と言い「なぜ、警察に行くのかよくわからん!」と言って私は、交番に向かいました。
上司は、途中で車を止めて「本当に、行くのか?バカじゃないか?」と怒鳴り始めました。
私は、危険を感じて車から降りて交番に向いました。上司は、車で先廻りをしていました。
警察の方に話を聞いてもらい交番を出ました。
交番から出ると上司は、「今日は、俺が悪かった。」と謝りはじめました。私は、車に乗せられ
今度は、「いろいろ会ってストレスが溜まっていた!ストレスを解消したらどうしたらいい。」と言って
反省しながら私に意見を聞き始めました。その2ヶ月後上司は移動になりました。
今度は、別の上司にパワハラに会っています。しかもプラス部長です。
身内に相談したら「上司は、居なくなったんだからいんなじゃない。」とか「もし訴えたたら身内に
何をされるかわからないし、あなたも何にをされるかわからないよ!」と言われました。
確かにそだと思っています。会社の人間関係もおかしくなるかもしれませんが、このままだと
パワハラは、なくならないので6・7割方訴えたいと思っていますがあまり長く間をおくと良くない
のでしょうか?いろいろなご意見をお聞かせ下さい。
ひどいパワハラをうけてから半年以上たっています。
パワハラを受けている時の一部をビデオには撮ってます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

パワハラを受けている時の一部をビデオに撮っているとのことですから、半年が経過していても有力な証拠です。ただ、労働問題の全般にいえることですが、あまり長く間をおくのは仰る通り良くないです。

その理由の一つとして、時間が経過すれば記憶も曖昧な点が出てくることです。ビデオやICレコーダー等に記録している部分は紛失や消去をしなければ大丈夫ですが、職場で起こったパワハラのすべてを記録しているわけではないですから他の部分は記憶であり曖昧となります。

また証言してくるかもしれない人がいたとしても、時間が経過すれば退職したり、気が変わったり、記憶も薄れてきます。つまり、パワハラを受けた側だけではなく、周囲の人や、パワハラをした側も時間の経過は影響を及ぼします。

今後についてですが、前回のご相談で別の専門家が回答していて同意見なのですが、人事課やコンプライアンス窓口(会社によって名称が違います)にパワハラの事実を伝えて改善を求めるのが良いと思います。パワハラは上司が職場での地位を利用してするものであり、部下一人で悩みを抱えると精神的にきつくなります。なのでパワハラの事実を伝え改善を求めることで会社の問題として取り扱ってもらうのです。

それでも問題が解決しなければ労働局のあっせんや労働審判が考えられます。

職場内での解決を試みる→労働局のあっせんや労働審判に進む方法を選択せず、いきなり訴訟するのも一つの方法ではあります。それが間違っているというわけではありません。懸念されるのは、在職しながら訴訟となると職場に居づらくなったりすることです。パワハラを受けた側が訴訟することは間違ったことではないですが、現実的にはそういうことも起こり得ます。
また、周囲の印象も、①職場内での解決を試みる→労働局のあっせんや労働審判に進む→訴訟と②初めから訴訟とを比較した場合、①のほうが良いと思います。ただ、訴訟をして解決してしまいたいというお気持ちも理解できますし、間違いではありません。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

有難うございました。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

お返事ありがとうございます。

私の回答で分かりにくい点などがありましたら引き続き回答させていただきます。

もし、なければ下記対応をよろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問