JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

テレビ局に勤務する男性です。会社内で職位が上の男性アナウンサーから複数名で打ち合わせ中に多数の者らの面前でひどい罵声

解決済みの質問:

テレビ局に勤務する男性です。会社内で職位が上の男性アナウンサーから複数名で打ち合わせ中に多数の者らの面前でひどい罵声を浴びせられました。
「ここへ座れ」「なぐりてえなあ、ああなぐりてえ」「お前なあトラブルが多いのはお前に問題があるんだよ」などという暴言です。これにより私は反射性鬱になり、心療内科で治療を受けながら一ヶ月半会社を休まざるを得なくなりましたが、有給休暇もなくなり出社を余儀なくされています。当社法務担当は、私の側にも挑発行為があったなどとして喧嘩両成敗として自分の職務内で処理し、総務や会社役員にもこの問題を上げず、うやむやになろうとしています。会社内で暴力的発言を制するものがなければ一方的に弱い立場の者が私のような病に晒されかねず、相談しています。会社側の監督責任を問い、指導や処分を課すことはできないものでしょうか。このままではまた再発しそうです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

労働契約法5条では「労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」と定めていて、会社には就業環境配慮義務があります。なお、この条文で、「生命、身体等の安全」とありますが「等」となっており、精神的な健康も含まれています。

現時点では「総務や会社役員にもこの問題を上げず」とのことなので、貴方から会社の総務や人事課、あるいはコンプライアンス窓口(パワハラ相談窓口など呼び方は会社によって異なります)に事実関係を申告してください。

労働者から会社に申告があった場合、会社は公平に事実関係を調査して防止策を講じなければいけません。もし、仮に放置するようなことがあれば、就業環境配慮義務違反、安全配慮義務違反であり、慰謝料請求も可能です。

労働局長による助言・指導という制度もあります。
労働局長による助言・指導とは労働局長が個別労働紛争の問題点を指摘し、解決の方向を示唆することにより紛争当事者が自主的に紛争を解決することを促進する制度です。
なお、これは紛争当事者に一定の措置の実施を強制するものではありません。

まずは、一部の者だけしか問題を把握していないようなので、総務等や社内窓口に問題を知ってもらうのが良いでしょう。それでも改善がされないようであれば労働局長による助言・指導を求めると良いと思います。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問