JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1122
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

当社は最近、ボーナス先払いのが行われています。労働基準に違反している様な気がします。その上、「退職した場合はペナルティーを課します」との文書で条件付きのボーナス支給です。 良い時

解決済みの質問:

当社は最近、ボーナス先払いのが行われています。労働基準に違反している様な気がします。その上、「退職した場合はペナルティーを課します」との文書で条件付きのボーナス支給です。
良い時期、一度のボーナスで「夏と冬のボーナスを一緒に支給します」から始まって今では1年以上前の年度のボーナス支給となっています。問題がある様な気がします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご指名ありがとうございます。

ペナルティは職場規律に反した者にされるものであって、退職はペナルティの理由にはなりません。したがって、退職した場合はペナルティーを課しますとの文書があっても無効と考えます。

>今では1年以上前の年度のボーナス支給となっています。

→ これは例えば平成27年度のボーナスが平成26年度に支払われているということでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

早々の回答、ありがとうございました。

文章不足で申し訳ありませんでした。

現在、25年の冬時期に26年度の冬の賞与として支給、

27年の夏時期に27年度の夏の賞与として支給されている状況です。

貰えるのはうれしいのですが、問題になるのではないか?と考えています。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

昨年の25年に26年度分が先払いで昨年支給され、
27年の夏に27年度の分が支給ということですね。
そうすると、26年に支払われる賞与はないということでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

度重なる文章不足で申し訳ありません。

25年の冬時期に26年度の冬の賞与として支給、26年の夏時期に27年度の夏の賞与として支給、26年の冬時期に27年度の冬の賞与として支給される事になると考えられます。そのうち会社の業績が悪くなったら賞与は支給される事は無く(昨年に支給したでしょう!)という事を考えているのだと思われます。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

お返事ありがとうございます。

理解できました。
賞与については就業規則に定めがあるならば労働基準法上の賃金であり、就業規則通りに支払わなければいけません。

例えば、就業規則に「賞与は7月に支払う」となっていれば、業績が多少悪くなったとしても就業規則に基づき支払う義務があります。

ただし、就業規則に「賞与は業績に応じて支払う」という一文があれば、業績に応じて減額等は可能になります。

したがって、もしお勤めの会社の就業規則に「業績に応じて」の記載があれば、先払いでなくても減額等は可能です。なので、先払いするのは「昨年に支給したでしょう!」と将来的に言うためではなく、おそらく別の理由があると思います。

もし、先払いしておきながら「昨年に支給したでしょう」と言って通常の支払い(先払いではなに支払い)と比べて労働者が損になるようなことをすれば(就業規則の一文に基づかず支払われない分が発生したら)、それは賃金未払いであり労働基準法違反です。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問