JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

こんばんは。 初めて相談をします。 現在、勤めている会社(量販店)を12月に退職をしようと考えています。 退職

質問者の質問

こんばんは。
初めて相談をします。
現在、勤めている会社(量販店)を12月に退職をしようと考えています。
退職をしたい事を10月頃に相談をしましたが、店長はあまりいい顔をせず引き延ばしをしようとしました。
・賞与満額でないよ。いいの?3月までとは言わないからさ。ダメ?
と思った言う感じに、賞与をネタに話してきます。
賞与が満額でないのも正直納得がいきません。
査定期間は、在籍している。
賞与支給日も在籍中。
支給後約1週間後に出勤ラスト。残り約1ヶ月有給消化。
その後に、退職の予定です。
やはり、これでも賞与は退職を理由に減額されるのは仕方がないのでしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.

ご相談ありがとうございます。

賞与は会社が独自に決定できる制度です。

ただし、会社が賞与制度を設ける場合は、その支給対象者、支給要件、支給日などを就業規則上に定めなければなりません。

したがって、まずは会社の就業規則にどのように記載されているか確認することが必要です。

>これでも賞与は退職を理由に減額されるのは仕方がないのでしょうか?

就業規則に「退職予定のものは減額して支給する」などの定めがないにもかかわらず、退職を理由に減額された場合は賃金不払として労働基準法24条違反になります。

あなたの退職を引き延ばす目的で賞与を恣意的に減額することは許されることではありません。

雇用・労働 についての関連する質問