JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

私の職場も定年後も65歳まで嘱託として継続雇用されますが、フルタイム勤務が合意の条件みたいに言われています。週休二日

解決済みの質問:

私の職場も定年後も65歳まで嘱託として継続雇用されますが、フルタイム勤務が合意の条件みたいに言われています。週休二日で年間休日が120日以上ある一般的な会社ならありがたい事だと思いますが、私の会社は週休二日ではなく年間で86日の休日です。週5日は10時間労働です。その条件でフルタイム勤務はキツイと思っているのですが、それで合意しなければ退職しなければならないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.

この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。

通常の場合ですと、定年後の継続雇用に関しまして年齢等を考慮した新たな労働条件の設定義務まではございませんので、会社側の提示した条件(フルタイム勤務)で合意出来ない場合は定年退職という事になります。

しかしながら、貴方の会社の場合ですと、「週5日は10時間労働」という事ですね‥ これが雇用契約の内容ですと明らかに労働基準法違反(1日8時間労働、週40時間労働が上限)になります。(※ちなみに、休日については日数から恐らく週1日プラスアルファと思われる事から一応法定基準はクリアしていますので、一般的な会社よりは少ないですが違法にはなりません。)

勿論、残業を命じられてたまたま10時間労働となる場合はよくある事ですが、当初から1日10時間労働などと決められている雇用契約は原則として認められません。

従いまして、仮にそのような雇用契約でしたら、それ自体違法な契約内容ですので、1日8時間週40時間に改めるよう会社に要求しましょう。

それでも会社が応じなければ、労働基準法違反としまして労働基準監督署へ申告し是正指導を行ってもらう事をお勧めいたします。

ただ、せっかく長年真面目に勤務されてきて定年を翌年に控えたこの時期に会社ともめごとを起こすのも辛いでしょうから、定年直前で継続雇用の話が出た時に行動されることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。雇用主側の条件で合意ができない場合は退職しなければならない事は理解していましたが労働時間が長い場合を知りたかったので今後の対応の参考になりました。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
こちらこそご返信感謝しております。
労働時間が長いのは特に高齢になってきますと厳しいですので、困りますよね‥
定年後も適切な雇用条件でご活躍される事を願っております。
尚、最後に以下の署名をご覧頂きご対応頂ければ幸いです。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

昨日はお心遣いのある回答ありがとうございました。

週40時間以上の労働は違反となるのは知っていますが、当社は1日7・5時間で2・5時間を残業として合わせて10時間という特殊な勤務形態の業務という事で年間のトータルだと合法で認められるらしいのです。(雇用主の説明)詳しい事は分かりませんが、なんか全て労基スレスレ違反にならない範囲なのかなと思いました。後書きになりましたがありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問