JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

今年の夏、7〜9月に韓国ソウルにオフィスを構えるNGO団体にて有給でインターンをしておりました。そこで2ヶ月インター

質問者の質問

今年の夏、7〜9月に韓国ソウルにオフィスを構えるNGO団体にて有給でインターンをしておりました。そこで2ヶ月インターンをしたのちに、口約束ですが”今後しばらくは何らかの形で契約と君して、その分の給料を払うからしばらくこのオフィスの為に働いてくれ”と言われ、日本に帰国後も翻訳や日本の関係者との連絡の仕事をこなしました。しかし、ある日突然、君の仕事はボランティアベースであり給与は出ないと言われてしまい憤りを感じました。またそれと平行して10月の最後の週に北京で開かれるその団体に関連する会議に出席をしてくれと頼まれ、航空費は私費ですが、ホテル代と食費は負担するとの口約束をしました(おそらくメールにも内容は残っていると思います)しかし、直前になり君のホテル代と食費は負担できないと言われ、渡航に際して必要となる物品なども購入しており(航空券はその時点では購入していなかった)どうすることも出来ない状態にあるのですが、やはり泣き寝入りするしかないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

インターンということは試用期間であると思います。ボランティアということは、行っても行かなくてもよい、ということだから、業務はしなくてもよいわけです。労働関係ではノーワーク・ノーペイという原則があると思います。業務委託でも必要経費は事業主が負担します。あなたの場合、試用期間であってボランティアではない、なお口約束でも労働契約(雇用契約)は有効に成立しています。前言を翻すことは禁反言の原則に反します。労働者の場合、出退勤の自由がなく、指揮監督関係におかれます。それがある場合は実質的には労働者です。企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

雇用・労働 についての関連する質問