JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

はじめまして。 現在、試用期間中の契約社員として勤務しています。 出張に来た所、出張先の繁忙時間に合わせて、

質問者の質問

はじめまして。
現在、試用期間中の契約社員として勤務しています。
出張に来た所、出張先の繁忙時間に合わせて、11:30〜20:00で勤務するよう言われました。
契約書を見ると、勤務時間は9:00〜17:30となっており、
それ以外の記載はありません。
このように、シフト制になることがあるという記載がない
場合でも、変則的な勤務時間を受け入れなければならないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。
貴方の労働契約書には、「勤務時間は9:00〜17:30となっており、それ以外の記載はありません」という事ですね。加えて、変更の場合があるといった記載も無いという事ですよね‥
そうでしたら、労働条件としてこの記載時間以外の勤務を命じられても貴方が従う義務はございません。
労働基準法におきまして、労働契約書には始業及び終業時刻の記載をしなければならないと定められています。
こうした記載のない始業及び終業時刻での勤務を命じる事は契約書違反、そして労働基準法違反となり認められません。また出張先は雇用主ではございませんので、こうした時間を変更する権限を持ってはおりません。
勿論、恐らくは臨時の事情でもありますし会社とトラブルになるのが面倒でしたら今回に限り指示に従ってもよいでしょうが、どうしてもそれが無理とお考えでしたら会社には契約違反である為指示には従えない旨を伝えて下さい。
それでも、契約書と異なる勤務時間を強要するようであれば、労働基準法違反としまして労働基準監督署に申告され会社への是正指導を依頼されるとよいでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問