JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

雇用に関する事でお聞きしたいです。 現在の会社に退職の意向を伝えておりますが退職届が受理されず、また、明確な退職予

解決済みの質問:

雇用に関する事でお聞きしたいです。
現在の会社に退職の意向を伝えておりますが退職届が受理されず、また、明確な退職予定日も指定されません。
原因としては現在会社の指示のもと行った顧客との契約で問題が生じ当事者として問題を会社が調査中との事だからです。自身が行った契約としては当時所属していた部署の上長の指示に従い行った行為であり、組織的に行っており当事者自体私だけでなく多数にのぼります。
当事者としてヒヤリングや経緯書も作成しており提出しております。現在は退職予定者という事で前の部署から異動し人事部付となり、何も支持のない日々を一週間以上すごしています。
次の勤め先より内定を頂いいており、出社可能日等伝えなけれならず非常に困っておます。
早期の退職を会社に求める事は可能でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
>早期の退職を会社に求める事は可能でしょうか?
可能です。
退職に関しては、民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用され、2週間前に通知すればよいことになります。
>明確な退職予定日も指定されません。
退職日は労働者が指定するものであって、会社がこれを指定することはできません。
また、退職の自由は労働者に保障されており、ご相談内容のような理由があっても、会社はあなたの退職を拒むことはできません。
(憲法22条職業選択の自由)
したがって、上記のような法律上の定めを引き合いに出し、改めて退職届を提出されると良いでしょう。
それでも退職届を受理してもらえないのであれば、内容証明郵便で提出するか、労働基準監督署にご相談ください。
会社に対して指導・助言をしてもらえます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
原因としては現在会社の指示のもと行った顧客との契約で問題が生じ当事者として問題を会社が調査中との事だからです。自身が行った契約としては当時所属していた部署の上長の指示に従い行った行為であり、組織的に行っており当事者自体私だけでなく多数にのぼります。
当事者としてヒヤリングや経緯書も作成しており提出しております
このようは状況でも頂いた回答のとおり法的には認めらますか?
また、会社から退職後に呼ばわれた場合は従がはなければならいのでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
>このようは状況でも頂いた回答のとおり法的には認めらますか?
ご相談内容、ご返信内容のような状況であっても労働者は退職することができますし、会社は労働者が退職した後に懲戒処分を行うことはできません。
つまり、会社はあなたが退職する前に懲戒処分を行わなければなりません。
(会社側からみると理不尽なことですが、法律でそうなっている以上どうしようもありません)
>会社から退職後に呼ばわれた場合は従がはなければならいのでしょうか?
従う必要はありません。
例えば、横領などのケースでは、退職後であっても調査に応じることが、最終的に自分のためになり得るので応じた方が良いのですが、そうであってもそれに応じる否かは労働者の自由です。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問