JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

社内で反省文を書いてほしい事例が起きました。本人にお願いしたところ拒否されましたのでホットラインの外部弁護士に相談し

質問者の質問

社内で反省文を書いてほしい事例が起きました。本人にお願いしたところ拒否されましたのでホットラインの外部弁護士に相談したところまあ反省文は不可能ではないと言われました。しかし色々調査を理由にあげて反省文は拒否されると予想しています。反省文という文言も拒否されそうな日本語です。同じような内容で言い方を変えて提案したいのですが、反省の色が出る形でそれを出すのにはどのようにリクエストすればよいでしょうか。またそのような事案に遭遇したことがあれば体験談、おすすめの内容を教えて頂けませんでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
回答いたします。
貴方の会社には就業規則はありますでしょうか?
通常の就業規則には懲戒規定があり、その懲戒規定の中にけん責処分という規定があるのが一般的です。
今回反省文を書かせる事例というのがどのような事例かはわかりませんが、なにか会社にとってよくないことをしたからではないかと推測します。
そのよくないことがけん責処分に該当する事例であれば、会社として正式にけん責処分として始末書という形で提出をリクエストしてみてはどうでしょうか。
また、就業規則がなければ、今回の事例について、会社としてなんらかの処分をしなければならないことを伝え、その処分を回避する上でも反省の意を表明するためのものとして反省文を書いてほしいことをリクエストするのも一つの方法だと考えます。
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

たんてい業の調査依頼です。

雇用・労働 についての関連する質問