JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

初めまして。 パワハラとコンプライアンスの追求について、相談です。高速バスの乗務員をしており、所属するバス会社は各

解決済みの質問:

初めまして。
パワハラとコンプライアンスの追求について、相談です。高速バスの乗務員をしており、所属するバス会社は各営業所単位ではなく、個別の会社扱いで、総括する本社に値する部署の役員に、入社当初から威圧的、恫喝まがいな発言を繰り返し、気に召さない奴は、退職に追い込む事を平気でやる方が一人みえます。
先日、各会社の中で序列を設ける事になり、班長に選任された方が集まり、研修会が開催され自分も参加させられました。
問題の役員はいつもの如く、威圧的な態度で講義をし、つじつまの合わない内容に「はい」と言う返答を求めて来たので、返事はせず問題点を指摘したところ、逆ギレしこちらの質問には答えず、話をすり替え一方的に罵声を浴びせて来ました。
恫喝ですか?と問いかけにも止めず、帰れと退席を連発し、トドメは帰り支度を始めた机の上の書類を奪い取り、皆の前で破り捨てる行動に出ました。
現時点では研修を中断、若しくは全うしなかった理由で処分が検討されています。
社長には直接謝罪した上で、奴の現場からの不満、役員以上の方々の責任なども訴えました。
奴を取り巻く上層部の者は、年齢的に下な為、高圧的な態度にホトホト困っていても、当たり障りない対応で済まして来てます。
今回はこの部分にメスを入れるとも言うべき行動が取れないだろうか、考えています。
研修内容については、録音をしましたのでパワハラ行為は十分示す事ができます。
資料を破り捨てた行為は器物破損レベルかと思いますが、会社を敵に回す気持ちはありません。
奴をいかに問い詰めるには、被害届を出すべきか、コンプライアンスを追求すべきか、対話の場を持つか、最良の方法をアドバイス願います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。
文面内容を拝見させていただきました。かなり粗暴な役員の方のようですね‥
上層部の方が頼りにならないというのは不利な材料ですが、パワハラは現在職場の大きな問題として浸透してきていますので、やはり労働コンプライアンスの観点から正論を主張されるのがよいでしょう。
厚生労働省によりますと、職場でのパワハラの定義は「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」とされています。
役員の方は普段同じ職場にいないかもしれませんが、今回のように同じ会議に出席したりすれば、当然貴方も「同じ職場で働く者」に該当することになります。
文面内容が全て事実という事でしたら、上記定義に該当する事は明らかですので、会社としましても当然改善措置を取る必要がございます。会社には従業員が安全で健康的に働ける快適な職場環境を作るといった安全配慮義務が労働安全衛生法や労働契約法上で課されています。
恐らく当人にいくら言っても無駄と思われますので、ここは会社に対し安全配慮義務を果たすようこの役員の方のパワハラ行為を止めさせるよう依頼するべきです。その際、会社が乗り気でない事が予想されますが、そのようでしたら会社でこれからも勤務し続けたいが今のままではこれ以上我慢出来ない、証拠もあるので法的措置も辞さないといったといった主張をされるとよいでしょう。そうすれば会社としましても一役員の問題行為によって社会的信用を失いたくないはずですから、余程鈍感な会社でない限り何らかの対応をされるはずです。
それでも会社が動かなければ、労働基準監督署に設置されている無料の総合労働相談コーナーへ行かれパワハラで困っている件を話されるとよいでしょう。出来れば第三者である専門家が仲介して解決を図るあっせん手続を利用される事をお勧めいたします。
いずれにしましても、今時このような粗暴な方が平然と役員をされているのは会社にとりましても常にコンプライアンス上のリスクを抱える事になり大きなマイナスですので、会社の将来の為にもパワハラ改善を主張されるべきといえます。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問