JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

はじめまして。 要点がまとめられず、伝わるかどうかわかりませんが、 よろしくお願いいたします。 会社都合退

解決済みの質問:

はじめまして。
要点がまとめられず、伝わるかどうかわかりませんが、
よろしくお願いいたします。
会社都合退職にする方法があるかうかがいたいです。
歯科技工士で、従業員自分を含め2人、
雇い主はご夫婦でお仕事されている歯科医院で仕事をしています。
経験者として雇ってもらいましたが、
雇い主の求めているスキルは経験がない・
医院で必要なスキルの経験が本当にないけどそれでも良いのか?!と伝えていました。
がんばってできるようになってくれれば良い、とのことだったので、
がんばります、と答えました。
勤めて4カ月が経ち、
「がんばっているように思えない」
「こちらが求めていることが何一つできていない」
「できるようになってこない」
「これでは経営者として他の人を探すことも考えざるを得ない」
「仕事あがりに練習もしない」
というお話があり、「解雇ということですか?」と聞くと、言葉を濁されました。
「自分なりの頑張りが、
経営者の方の考える頑張りと違うのであれば、これ以上頑張れません。」
他の人を探してください。」と言ってしまいました。
翌営業日に、奥様から「お考えは変わりませんか?」
と聞かれたので、「なんの?」と聞くと、「お辞めになるということです」ということでした。
「あれは退職を勧めてこられたと思っている」と言うと、
「こちらからは勧めていませんし、ご自身でお決めになったことでしょう?」
と言われたので、「あのお話がなければ、他の人を探してくださいということもなかったし、
辞めなくていいのなら辞めたくはないです。」といい、「ではいったん保留で。」
となりました。
それから、雇い主から、「とにかく10月中にできるようになってもらわないと困る。
人より覚えるのが遅いのなら、人より多く努力しなければならない。
自分次第なのでがんばってくださいということです。」
というお話が更にあり、辞めてもらいたいとにおわせる言葉がなくなりました。
しかし、すごい分厚い専門書を4冊くらい、投げるように手渡され、
読んで理解してくださいと言われました。
今週の土曜までに読むなんて、寝る時間も削っても無理な量です。
自己都合で辞めてもらいたいというアピールにしか感じられないのですが、
「自己都合で辞めてほしいのですか?」とは聞けません。
できるようになって欲しいと思ってのことの可能性もありますが、
自分には嫌がらせにしか思えません。
自分としては、勤務時間外の努力(特に仕事をあがってから
練習しないですぐに帰ること)を強く求められるのなら、
解雇してもらえる方がありがたいのですが、
自己都合退職にしてほしそうで、難しそうです。
技術職だと、時間外のたくさんの努力を求められるのは合法なのでしょうか?
会社都合退職にしてもらう方法はありませんでしょうか?
勤め先内でのいろいろで、精神的に問題を抱えてきはじめたので、
仕事がお休みのあさってに精神科受診予定です。
もし適応障害などの精神疾患と診断された場合、
会社都合退職にしてもらう方法はありますか?
それとも、自分で「他の人を探してください」と言ってしまっているので、
会社都合にはなりえないでしょうか?
退職を勧められたと感じた日のお話は、録音していません。
長くなってしまいましたが、会社都合退職にできそうかできないか、
お教えいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
大変な状況の中ご相談くださいまして誠に感謝しております。
只今文面を拝見させて頂きました。現状を見る限りかなりのハードワークを強いられていますので心身面で耐えられないようでしたら確かに辞められた方がよいかもしれませんね…
その場合、会社都合退職にならないかというご質問ですが、解雇でも構わないという事でしたら、方法がございます。
それは、会社から勧められている時間外での努力を殆どやらないというやり方です。
職業モラルという観点からは不適切かもしれませんが、元々勤務時間外に何をされるかは貴方の自由ですし、加えまして時間外で学習する事の負担が過剰ですとやる気が起こらなくなるというのもやむを得ない状況と考えられます。
そういう事で貴方が時間外での努力をされないでいますと、当然ながら歯科医の望むパフォーマンスは得られませんので、貴方が自ら辞めると明言しない限り最終的には解雇せざるを得なくなります。
歯科医側としましては貴方が自ら辞めるようにこれまで以上に色んな仕打ちをしてくるかもしれませんが、そうなれば貴方は逆手に取ってパワハラやいじめの案件としまして労働基準監督署に相談し第三者が介入するあっせん等の手段に持ち込むといった方法もございます。仮にあっせんとなれば、そこで会社都合の退職にしてもらうといった可能性も生じます。今の段階でもパワハラ的な対応が見え隠れしますので、日常あった事については都度しっかり記録しておかれるとよいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ご回答くださいましてありがとうございます。

さらに質問で恐縮ですが、

お願いいたします。

今思い出したのですが、

「業務命令である」と言われました。

業務命令違反での懲戒解雇ということの可能性はどのくらい考えられますでしょうか?

懲戒解雇はできれば避けたいです。

現状、耐えてなんとかやり過ごし、

解雇を待つという方法しかないのでしょうか。

早い時期に会社都合退職にできる方法は、

ありえないということでしょうか。

精神疾患と診断された場合でも変わらないでしょうか。

もし精神疾患と診断された場合は、逆に会社側が解雇できなくなったり

するのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
こちらこそご返信下さいまして有難うございます。
まず業務命令の件ですが、そもそも文面のような時間外での努力を業務命令する事は出来ません。仮に業務命令となるとしますと、貴方が自宅で本を読んでいる時間も時間外労働として賃金請求する事が可能です。恐らくそんな事は歯科医側は全く認めないはずですから、そうなれば業務命令は成立しませんので大丈夫です。従いまして、懲戒解雇もございません。(但し、勤務時間内の仕事についてさぼっていたり指示に従わないでいますと懲戒解雇の可能性が生じますので、それだけは絶対にしないようにしてください)
そして早期に会社都合というのはやはり難しいでしょう。会社側からアクションがあって初めて会社都合になりますので、ある程度時間がかかる事は覚悟しておきましょう。但し、余りに貴方への仕打ちがひどくて耐えられないようでしたら、先に申し上げました通り労働基準監督署へ相談に行かれるとよいでしょう。行政が介入となりますと、歯科医側も何らかの対応を取る可能性が高まりますので、貴方への対応も変わってくるものと考えられます。ですから、何もただ我慢するだけという必要はございません。
最後に精神疾患で辞められる場合は、病気が原因ですので基本的には自己都合退職になります。勿論、会社業務との因果関係が強く認められる等で労災認定されますと、会社都合扱いになりますが、認定の可能性までは詳細事情を知りえない為この場では何ともいえません。過度に期待はされない方がよいでしょう。
従いまして、現状は時間外での努力をしないという形で歯科医側の出方を見るといった対応がもっとも妥当といえるでしょう。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

たびたび質問失礼いたします。

雇っていただいたときに、その時点で医院の求めるスキルはないこと、

努力について、プライベートな時間を多く割いてでも頑張りますとはお伝えしていないこと、

自信の希望としては、今までの努力で続けたいことをお伝えし、

判断は医院におまかせしますと、

お願いすることは大丈夫でしょうか?

あと、減給を今後せざるを得ないといわれていますが、

基本給ではなく、資格手当で、4万円をカットということです。

基本給は18万で、どうなるかわかりません。

基本給ではなく、資格手当ですと、カットは金額にしばりはないのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
ご返信頂きまして有難うございます。
まず最初の件については、辞めたいという事さえ言わなければ差し支えございません、ただ言われても特に効果はないですし、返ってまた嫌味を言われる可能性もあるでしょう。貴方の意思でどうしても歯科医側におっしゃりたいという事でしたらそうしてもらってもいいでしょう。
そして、減給の件ですが、資格手当につきましては、就業規則または労働契約書等に支給要件(資格名またはスキル等)が定められていればそれに従います。その場合、支給要件を満たしていれば減らす事は出来ません。満たさなければそれを根拠に減らされても仕方がないところです。
そうした要件の定め自体が無ければ貴方の同意がない限り原則として手当のカットや減額(※金額の多少に関係無く)は出来ません。法律的には労働条件の不利益変更といって労働契約法違反になります。
一方基本給に関しましても、仕事への評価等に応じて減給する旨の何らかの定めがあればそれに従って減給されることは仕方ないです。そういった定めが無ければやはり労働条件の不利益変更となる為に金額に関わらず貴方の同意無くして減給は出来ません。
それでも上記に反して減給を強行するようでしたら、労働基準監督署へご相談されることをお勧めいたします。
ちなみに、既に評価済みの案件ですし、今回のご質問については(特に減給の件)新たなご相談内容といえますので、これを最後の回答とさせて頂きます件ご了承下さい。せっかくですので、今回に限り特別に回答させて頂きました。(勿論、評価も不要です。)
事態が良い方向へ向かわれる事を心より願っております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し訳ございません。

ありがとうございます。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
こちらこそ有難うございました。

雇用・労働 についての関連する質問