JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私はとある店舗で、7時間勤務のパート契約をしています。職場でレジ店員が少なくレジに何人かお客様が並ぶと、一条さん何人

解決済みの質問:

私はとある店舗で、7時間勤務のパート契約をしています。職場でレジ店員が少なくレジに何人かお客様が並ぶと、一条さん何人(レジに何人か来て欲しい人数)と呼ばれ、7時間パートはレジ応援に行かなければなりません。それで最近店長から通達があり、レジ応援の時間を調べてレジ応援の時間が少ないパートは契約時間を1時間減らすと言われました。これはパワハラになるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。
職場での出来事、ご心痛お察し申し上げます。
平成24年に厚生労働省がパワハラの行為類型として次のように発表しています。
(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
どのような口調で言ったのか、どのような言葉で言ったのか、詳細はわかりませんが、「契約時間を1時間減らす」と言った発言のみでパワハラと判断するのは難しいと思います。(専門家としての経験則からの意見です)
ですが、労働者の合意無く当初契約した労働時間を一方的にカットする行為は認められません。労働契約法3条及び8条において
「労働者の合意無く労働条件を変更することはできない」旨が定められているからです。
結論としましては、
パワハラとみなすのは難しいですが、会社からの一方的な労働条件の変更は違法行為(労働契約法違反)となります。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問