JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

地方公共団体の徴税業務を委託されている企業に派遣されて先月から働いています。派遣先と派遣元で契約内容について認識の違

解決済みの質問:

地方公共団体の徴税業務を委託されている企業に派遣されて先月から働いています。派遣先と派遣元で契約内容について認識の違い(価格の面で)があったらしく、派遣元の営業担当さんから、タイムシードを書き換えて、休んだ日も出勤したことにしてほしい、と言われました。(同じ日入社の人も言われてました。)
①タイムシートを書き換えることは、違法(私文書偽造?とか)に当たるのでしょうか
②仮に、業務委託している地方公共団体がこれを知らず、結果的に追加の費用を出させてしまうことになれば、詐欺を幇助することになるのでは?
2点、心配になりましてお尋ねいたします。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
kionawaka :

 休日の調整を行う必要があったのだと思います。タイムカードの打刻が真実でないばあい、私文書偽造に当たるのか、ですが、偽造は作製名義人に偽りがあることであり、真実とことなる記載をした場合は変造になります。しかし刑法に処罰規定がない場合は不可罰です。出勤簿・賃金台帳の変造は厳密には広義の文書偽造罪に当たるのですが、世上頻繁に行われていることでもあり、それらすべてを違法と判断すると社会生活が円滑に進まないこともあって、黙認されていることが多いと思います。しかしそれを超えて役所に提出する申請書・申し立て書に虚偽の内容を記入した場合は、公正証書原本等不実記載罪になります。詐欺罪はこれら文書偽造罪・同行使罪と牽連犯(大判明44・11・10)とされます。いずれも労働者の責任が問われることはありません。★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。

Customer:

ご回答ありがとうございます。

Customer:

ひとまず安心しました。ただ、必ずしもイメージのよい行為ではない、ということもわかりました。倫理的にどうなのか、というのは心の中にわだかまりが残りますが、綺麗事だけでは済まないのが世の中なのかな、という思いです。

kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問