JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

試用期間として、一ヶ月契約でアルバイトをしていました。 試用期間が終われば正社員になれるということで、契約を交わし

解決済みの質問:

試用期間として、一ヶ月契約でアルバイトをしていました。
試用期間が終われば正社員になれるということで、契約を交わしましたが、月末の勤務最終日に来月からも続けたい旨を伝えると、契約終了と言われてしまいました。来月からの更新は無いとのことです。
勤務態度は問題なかったそうなのですが、私の失言により社長さんを怒らせてしまったのが原因だそうです。そのことは充分反省し、心を入れ替えて誠心誠意働きたいと伝えましたが、受け入れてもらえませんでした。
本来は、月末に来月からの契約について話し合うと言われていたのに、話し合いも無く、契約更新は無いと一方的に言われてしまい、納得がいきません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。
>試用期間として、一ヶ月契約でアルバイトをしていました。
1か月間の有期雇用契約を締結していたということですね。
有期雇用契約とは、契約期間の満了によって、当然に労働契約が終了するものです。
解雇ではないので、合理的な理由がなければ契約終了が無効になるということもありません。
ただし、有期雇用契約の場合は、雇止めの理由についての証明書を請求することができます。
この「雇止めの理由」は、契約期間満了とは別の理由であることが必要です。
例えば、「担当していた業務が終了したため」や「事業縮小のため」「能力が不十分のため」などです。
貴方の場合は、「社長に対して失言があったため」でしょうか。。
>話し合いも無く、契約更新は無いと一方的に言われてしまい、納得がいきません。
会社は話合いの場を設ける義務もありませんが、貴方がどうしても納得がいかないのであれば行政に介入してもらう方法もあります。
このようなケースで利用できるのが、労働局のあっせん制度です。
あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。
双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。
簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。
ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございます。
会社に対してネガティブな発言をし、社長さんを怒らせてしまったのは事実ですが、それが契約書の中の契約更新を不可にする事項に当たるとは思えないのと、雇い止めの際には事前に連絡する義務が会社側にあるのではないかという点で納得ができません。
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。
まず、>雇い止めの際には事前に連絡する義務が会社側にあるのではないか、についてですが、雇止め予告の義務があるのは、有期労働契約が3回以上更新されているか、1年を超えて継続して雇用されている労働者に限ります。
>契約書の中の契約更新を不可にする事項に当たるとは思えない
この点について当事者双方の意見が異なるのであれば、最終的に裁判で決着をつけるしかありません。
といっても、労働者がいきなり訴訟を提起するのは困難であり、現実的な解決法ではありません。
このような問題で、労働者がそのまま泣き寝入りしないため、先程の回答で申し上げたような制度があるのです。
まずは、雇止めの理由を明確にするため、雇止め理由についての証明書を請求してください。
会社はこれを拒否できません。
この証明書をもらっておくことによって、会社側が後で都合の良いように雇止め理由を変更することができなくなります。
後は貴方が納得するまで会社と話し合うことです。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問