JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

私は職場で上長Aとそりが合わなかったため、別の仕事にしてもらうよう、Aよりさらに上位の職位のBに頼んでいました。これ

解決済みの質問:

私は職場で上長Aとそりが合わなかったため、別の仕事にしてもらうよう、Aよりさらに上位の職位のBに頼んでいました。これが受理され、私とAは別の仕事になっていました。しかし、Aは何かにつけ私と仲良いふりをしてきたり、かと思えば私の事を「態度が悪い」と言って来たり、絡んでくることがありました。

AはBが長期出張でいないときなど、「別の仕事にする」というルールを無視し、絡んでくることが多くありました。 ある日、私の同僚Cは、Aに頼まれたことがきっかけで職場で話しかけてきました。Bの出張中にランチに一緒に行かないか等誘ってきました。私は、最初、断りました。Cはほかの男性も来るから来ないかなどひつこく誘いました。私は、好きな人がいるからと真面目に断りました。 すると今度は相手は誰なのかとの質問がきました。Aは私に仕事を頼みたいようでした。私はAとは仕事をしない決まりにはなってはいたものの、することがなくて暇ならやってほしいという意図でした。 私はそれは断りたかったので他の仕事があるといいました。その内容について詳しく聞かれました。そこで別の会社に出向に行くといいました。その会社のことを詳しく聞かれました。会社は当時の恋人が勤めだした会社でした。会社の名前をはっきり覚えていませんでした。会社の名前を調べて営業活動していただくようにAとCに言いました。Aとの仕事を回避するため仕方ありませんでした。 Aは会社情報を自分の配偶者が勤めているE社に調べてもらいました。それがきっかけでE社というクライアントの担当者Fは、私の恋人Gに連絡をするようになり、結果的に私もAを通じてAとFに付きまとわれるようになりました。当時はどうしても苦手でやりにくいAとの仕事を回避するため仕方ありませんでした。Aが独裁的に部下をコントロールするやり方についていけませんでした。 このことがきっかけでAとBとFは私とGに付きまとうようになりました。それがきっかけで私とGは関係が悪くなり付き合えなくなりました。私は会社を辞めたくなってきました。 私がAと別の仕事にしてほしいというルールは上位のBが承認していた以上、社内上とおっていたはずなので、Aのルール違反かと思いますが、Bや会社はAに対して制裁などを行っているわけではなく、口頭の注意を与えるのみです。 私が個人として会社に対してルールの徹底や、制裁をお願いするには何を根拠にどういう理由づけを行えばよいでしょうか。 よろしくお願いいたします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。
文面拝見させて頂きました。全てはAのパワハラ行為が原因ですので、貴方に何ら責任はございません。その事を会社に対して強く主張されるべきです。
Aは貴方とは別の仕事の担当でありながら、しかも貴方との関係がうまくいかないという理由でそのように配置転換されたも関わらず、貴方に接触して来て貴方の仕事に支障を与えるというのはまさに元上司としての優位性を背景としたパワハラ行為といえます。
さらにそれに留まらず、貴方の恋人の事までしつこく尋ねるというのは私生活への不当な干渉であり、全く不適切な行為といえます。
そこで対応ですが、職場での更なる混乱を避けきちんと処分してもらう為にも上司ではなく会社の人事担当等の相談窓口へ申し出られるのがよいでしょう。上記事情及び口頭注意では一向にAのパワハラ行為といえる関与が収まらない旨を伝えて、会社として二度とこのような事が起こらないようより厳しい制裁を科してもらう事を依頼されるべきです。その際、会社が対応してくれなければ、法的措置も検討する旨伝えればよいでしょう。実際、Aの行為はパワハラ行為ですので、Aのみならず場合によってはAに対し適切な措置を取らなかった会社にも貴方への損害賠償等の責任が発生する可能性がございます。
会社としましても、Aのようなひどい社員のおかげでトラブルに巻き込まれる事は避けたいはずですから、通常であればより厳しい処分が下されるはずです。それでも会社が対応してくれないようでしたら、一度労働基準監督署等に設置されている無料相談コーナーへ行かれる事をお勧めいたします。こうした問題につきまして、あっせん等第三者が仲介して解決する方法もございます。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問