JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

正社員として入社して1年未満の小さな会社ですが、パートになるようにいわれました。 すぐに返事はできないだろうから、

解決済みの質問:

正社員として入社して1年未満の小さな会社ですが、パートになるようにいわれました。
すぐに返事はできないだろうから、週末に少し考えて翌出勤日に返事をするようにということで、とても急な話です。
理由としては、やがて部署の責任者になってもらうということで雇用したはずだが、責任者として任せられない。
その部分の仕事がなくなり補助的な仕事のみやってもらうことになり、正社員でなくてもできる内容
であるから、一日4~5時間のパート勤務でやってほしい、というものです。
部署の責任者を任せられないという点に関しては、自分としても納得できる部分はありますが、遅刻もなく精一杯がんばってきたつもりであり、いきなりパートといわれてもとまどっております。
会社の業績が振るわないので、経費削減の一環という理由も大きいに違いないのですが、説明の際にそのことにはまったく触れられませんでした。また、年度初めには、がんばっているから、ということで、いちおう昇級もあり、このような降格の可能性については全く振れられませんでした。
どのように対処するべきか迷っておりますので、アドバイスをお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

正社員からパートへの変更を受け入れなければいけない義務はまったくございません。部署の責任者を任せられないからパートに変更できるものではありません。
仮に断って会社が解雇してきてもそれは無効です。解雇の理由にはなりません。

遅刻もなく精一杯がんばっておられて、正社員からパートではあんまりな仕打ちです。
き然と断るのが良いでしょう。
曖昧な返事をするのが一番良くないです。断るときはき然と断るほうが良いです。

正社員からパートへの変更は降格ではなく、正社員の雇用を終了させてパートにするというものです。降格は会社の人事上の措置として可能ですが、今回のは降格ではないので断ることができます。受け入れる義務はありません。

労働契約法3条
「労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする」
労働契約の変更には合意が必要です。合意しなければこれまでの労働契約(正社員)が続きます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答をありがとうございます。

さらに補足、質問させてください。

パートを受け入れると、回答の翌営業日からは、パートに切り替えると言われております。

断ったらどうなる、という話は会社側からはありませんでしたが、

き然と断ったとしても、部署の中核の仕事も他の社員に振ると言っており、そう簡単にこのまま正社員でOKとはいかないと思います。

また、今回の件で、会社に対する気持ちも一気に冷めてしまいました。もし、辞めるとなったら、会社都合解雇を要求できるでしょうか? もし、辞めるとしても、そのまま自己都合退職というのは気持が収まりません。裁判以外に、何か選択肢はありますでしょうか?

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

お返事ありがとうございます。

使用者(会社)が退職を労働者に働きかけるものを退職勧奨といいます。退職勧奨があって会社を辞めると失業保険(雇用保険)は特定受給資格者となります。また、解雇の場合も特定受給資格者となります。※雇用保険法では会社都合という言葉は使われません。

仮に正社員からパートの変更を受け入れると合意があるのですからパートでの労働契約となり、そこで辞めると言うと自己都合です。

もし気持ちが冷めて辞めても構わないということであれば、やはりき然と断るのが良いでしょう。それで会社が解雇又は退職勧奨をしてきたら特定受給資格者です。
専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

もう少し補足させていただきますと、解雇というのは会社が一方的に労働者を辞めさせるというものであり、労働者が求めるというものではございません。

なので、会社を辞めても良いということであれば、断ってしまい会社の対応を待てば良いと思います。解雇又は退職勧奨があってそれを受け入れれば特定受給資格者です。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

素早い具体的な回答をありがとうございます。

いただいた回答をもとに、き然と対応できるようにがんばります。

専門家:  ekotae 返答済み 3 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

評価くださいましてありがとうございます。

またご丁寧なメールありがとうございます。

ご相談の件がよりよい方向に進むことを願っております。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問