JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在高齢者支援の仕事をしています。2年ほど前に地区の男性にアプローチされその後事実婚の状態で生活をしながら仕事をつづ

解決済みの質問:

現在高齢者支援の仕事をしています。2年ほど前に地区の男性にアプローチされその後事実婚の状態で生活をしながら仕事をつづけていました。1年くらい前に区役所に彼の親族らしい人から(匿名)特定の高齢者に特別な支援をしている、と言うことでクレームが入ったそうです。その時はそのままだったのですが、2か月くらい前に今度は市役所に同じように匿名でクレームが入り、法人側に相談があったそうです。一旦はプライベートなことにはタッチできないし、処分の理由がないとのことだったのですが、他の職員に私がいては今後仕事がしづらいのではと聞き、その意見を基に課長と言う立場で公平中立を欠いたということを根拠に退職勧告があるとのことです。入籍をするつもりにしていることは話していましたので、寿退職ということで退職をしてほしいとのことです。
彼の息子は彼の持ち家も狙っていますし、次男の妻はダウン症の子供を産んだことでなぜかとても私に敵意を持っており、3月には私の人生をめちゃくちゃにしてやる、などと言う怒鳴り込みの電話もありましたので、それらが発端になっているのだとおもうのです。(次男さんの妻にはまともにあったことはありません。怒鳴られた時も含めて2回だけです。)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
ご相談、拝見させていただきました。雇用労働問題担当の社会保険労務士です。
「雇用・労働」のカテゴリーにご相談をご投稿いただいておりますが、ご相談者様のお知りになりたいご相談内容が記載されていないようです。
「〇〇の場合はどうなのか?」等、ご相談内容をご返信いただけましたら幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

担当地区内での事実婚状態であった私たちに対して、特定の高齢者に対して公平中立を欠くという特別な支援をしたとして、課長待遇であったために解雇という処分が妥当かどうか。

また、解雇ではなく寿退社としたいというのはパワハラに当たらないか。

そもそもが、匿名のクレームに対してこのような処分をするとすると誰に対してどのように回答をする、と言うことになるのか。

また、それが高齢者側の親族だということが匿名であってもわかっているようなので、それに対しても解雇はどうなのか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 2 年 前.
「誰に対して回答するのか?」「親族だとわかっている」という点は、法的に定められている内容ではないので回答いたしかねます。が、逆に会社がどのように考えて今回の処分を決定したのかの重要なポイントですので、これらの疑問は会社にぶつけるべきものです。
会社から回答を引き出して、その内容に合理性がなければ、不当解雇として会社と争う事も可能でしょう。会社の処分が不当解雇であるかどうかの証拠を収集するという意味でも会社に対して質問して下さい。
「課長待遇であったから」が解雇理由であるならば、それは解雇理由としては不相応です。課長はやってはいけないが平社員はやっていい、という理屈になってしまいます。
「解雇ではなく寿退社で」という発言がパワハラに該当するか、というと該当しない可能性が大です。「解雇ではなく自主退社で」と言っているわけであり、温情的対応をしているわけですのでそれをパワハラと認めさせるのは無理があると考えます。(今回の会社の退職勧奨や解雇を正しい、と言っているわけではありません)
そもそも現実的なお話をさせていただきますと、「解雇ではなく自主退社で 」という会社の対応は、会社自身が解雇が正当ではない、と考えている表れかと思われます。
会社が解雇に自信があるなら堂々と解雇すればいいわけで、自主退社にしようとする流れは、解雇に自信がない、だから自ら辞めさせよう、という魂胆が透けて見えるわけです。
ご相談者様としては
①自主退社は受け入れない
②解雇理由を文書で回答するよう会社に請求する(会社は応じなければならない法的義務があります)
③解雇理由に納得がいかなければ、労働基準監督署に相談に行く
④労基署に相談したうえで、あっせんや労働審判といった制度を利用して、会社の不当解雇を追及する。
といった行動があります。
まずは①~③を行動し、場合によっては④の行動をとる、といった流れになります。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問