JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

給料の未払いが続いて生活が困窮しています。 1月分の給料も内金しか支払ってもらえません。何回も催促するのですが経営

解決済みの質問:

給料の未払いが続いて生活が困窮しています。
1月分の給料も内金しか支払ってもらえません。何回も催促するのですが経営が苦しいとか何月何日に精算するとかのはぐらかしばかりです。
1年近く給料明細ももらえず請求書類を作るにも未入金額明細が分からず困っています。労働監督署等に告発したほうが良いのでしょうか?また、裁判所に支払督促申立書を提出するにも請求金額が不明ではだめなのでしょうか?教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 3 年 前.
大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。
文面内容拝見いたしました。正直よくここまで辛抱されてきたと感じます。大変お気の毒としかいいようがございません。
賃金不払いについては明確な労働基準法違反ですので、即労働基準監督署に申告し賃金不払いの是正勧告を会社へ出してもらうようお願いされる事をお勧めいたします。
またはっきりした請求金額(賃金額)が分からなくても、賃金の計算方法等を示さないのは会社側の労働基準法違反ですので、貴方が聞いていた給料の金額でもらった分だけ差し引いて請求すればよいでしょう。
但し、労働基準監督署や裁判所へ訴えても、本当に会社が経営悪化でお金がないとしますと、必ず給料が支払われるといった補償までは得られません。給料債権は優先順位が高いのである程度は大丈夫と思われますが、注意が必要です。
ちなみに会社が倒産等で賃金支払い能力が無い場合ですと、行政による不払い賃金の立替制度を利用して給料をもらう事が可能です。こちらも労働基準監督署が窓口になりますので、念のため手続等についてきかれておかれるとよいでしょう。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問